このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000088589
提供館
(Library)
山梨県立図書館 (2110005)管理番号
(Control number)
9000007276
事例作成日
(Creation date)
2011年03月12日登録日時
(Registration date)
2011年07月17日 11時55分更新日時
(Last update)
2011年07月17日 11時55分
質問
(Question)
天児屋命(天児屋根命・あめのこやねのみこと)から、藤原鎌足までの系図が見たい。
回答
(Answer)
『日本家系・系図大事典』(奥富敬之著 東京堂出版 2008年)、『系図纂要 新版』第2冊上 藤原氏(岩沢愿彦監修 名著出版 1990)、『国史大系』第58巻 尊卑分脈(黒板勝美編輯 吉川弘文館 1966年)に、天児屋命からはじまる中臣氏の系図の掲載がある。詳細については照会資料をご覧下さい。
回答プロセス
(Answering process)
1.『国史大辞典』第1巻(国史大辞典編集委員会編 吉川弘文館 1979年)で「あめのこやねのみこと 天児屋命」の項を引くと、「中臣氏の遠祖とされた神。記紀神話の天石窟(天岩屋戸)の段、天孫降臨の段に活躍し、神事を掌り天降りに随行した五部神の一。」「中臣氏が中央祭官として登場する六世紀の半ば以降に神格化し、中臣鎌足以後は藤原氏の祖神として重視された」とある。

2.系図に関する参考図書を確認する。
(1)『日本史諸家系図人名辞典』(小和田哲男監修 講談社 2003年)の「藤原氏」の項の系図は鎌足から始まっている。また、「中臣氏」の項には「天孫降臨神話で活躍する天児屋命の後裔を称する」とあるが、系図は「黒田」から始まり、天児屋命の名はない。
(2)『日本家系・系図大事典』(奥富敬之著 東京堂出版 2008年)の「ナカトミ 中臣」の項には「氏祖の天児屋命は天孫降臨に供奉、大和朝廷では忌部氏と共に祭祀を担当し、神と人との中を取りもつという意味で中臣氏を呼称。」とありp714に系図がある。出典は『大中臣本系帳』。

3.系図の掲載のある史料を確認。
(1)『系図纂要 新版』別冊2 名諱索引(岩沢愿彦監修 名著出版 1997)の索引から「鎌足」を検索し、『系図纂要 新版』第2冊上 藤原氏(岩沢愿彦監修 名著出版 1990)を見ると、「藤原朝臣姓」の項のp5-p7に天児屋根命から鎌足までの系図あり。
(2)『国史大系』第58巻 尊卑分脈(黒板勝美編輯 吉川弘文館 1966年)のp23-27に天児屋根尊から鎌足までの系図あり。
(3)『群書類従』第5輯 系譜部・伝部・官職部(塙保己一編纂 続群書類従完成会 1979年)p191-253掲載の「中臣氏系図」は「可多能古」から始まり、天児屋命の名はない。
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
系譜.家史.皇室  (288 9版)
参考資料
(Reference materials)
『日本家系・系図大事典』(奥富敬之著 東京堂出版 2008年) (p714)
『系図纂要 新版』第2冊上 藤原氏(岩沢愿彦監修 名著出版 1990) (p5-7)
)『国史大系』第58巻 尊卑分脈(黒板勝美編輯 吉川弘文館 1966年) (p23-27)
キーワード
(Keywords)
天児屋命
藤原鎌足
藤原氏
中臣氏
系図
系譜
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
文献紹介
内容種別
(Type of subject)
伝記・人物
質問者区分
(Category of questioner)
社会人
登録番号
(Registration number)
1000088589解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!