このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000075478
提供館
(Library)
山梨県立図書館 (2110005)管理番号
(Control number)
9000006917
事例作成日
(Creation date)
2010年11月10日登録日時
(Registration date)
2010年12月17日 16時48分更新日時
(Last update)
2011年01月22日 10時01分
質問
(Question)
近衛歩兵第2旅団長・梅沢道治(うめざわ みちはる)について知りたい。
回答
(Answer)
梅沢道治(嘉永6(1853)年-大正13(1924)年)は、仙台藩士。梅沢道貞の二男。藩校養賢堂に学び、東北戦争に幕府軍として従事。明治39(1906)年近衛歩兵第2旅団長、明治44(1911)年第6師団長。明治44年陸軍中将。日露戦争の際の沙河の会戦での勇猛果敢な戦闘は「花の梅沢支隊」「花の梅沢旅団」とうたわれた。詳細については照会資料をご覧ください。
回答プロセス
(Answering process)
1.陸軍関係の人名辞典を検索。次のものに掲載があった。
・『日本陸海軍総合事典』(秦郁彦編 東京大学出版会 2005年)p28
・『陸海軍将官人事総覧』陸軍篇(外山操編 芙蓉書房 1981年)p38
・『日本陸軍将官辞典』(福川秀樹編著 芙蓉書房出版 2001年)p129-130

2.人名辞典を検索すると、『幕末維新大人名事典』上巻(安岡昭男編 新人物往来社 2010年)p222に掲載があった。『人物レファレンス事典 新訂増補』(日外アソシエーツ編・発行)には、「古代・中世・近世編」「明治・大正・昭和<戦前>編」とも掲載がなかった。

3.自館システムで、件名「梅沢道治」を検索すると、次のものがヒットしたが、当館及び県内の市町村立図書館には所蔵がなく、県外の所蔵館を紹介した。
・『戦場の人間学:旅団長に見る失敗と成功の研究』(篠原昌人著 光人社 2006年)
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
個人伝記  (289 9版)
陸軍  (396 9版)
参考資料
(Reference materials)
『日本陸海軍総合事典』(秦郁彦編 東京大学出版会 2005年) (p28
)
『陸海軍将官人事総覧』陸軍篇(外山操編 芙蓉書房 1981年) (p38
)
『日本陸軍将官辞典』(福川秀樹編著 芙蓉書房出版 2001年) (p129-130
)
『幕末維新大人名事典』上巻(安岡昭男編 新人物往来社 2010年) (p222)
キーワード
(Keywords)
梅沢道治
軍人
陸軍中将
日清戦争
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
事実調査
内容種別
(Type of subject)
伝記・人物
質問者区分
(Category of questioner)
社会人
登録番号
(Registration number)
1000075478解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!