このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000014373
提供館
(Library)
国立国会図書館(National Diet Library) (1110001)管理番号
(Control number)
D2003F1292
事例作成日
(Creation date)
20030702登録日時
(Registration date)
2005年02月04日 02時13分更新日時
(Last update)
2005年11月28日 14時40分
質問
(Question)
和鏡の製作者「藤原光長」についてわかる資料。
回答
(Answer)
事前調査事項に記載のある『和鏡の研究』(広瀬都巽 角川書店 1974 <KB325-2>)p.159には、「社会的にいわゆる職人に属して軽視されたので、その伝記などを詳らかにするものは至って少ない…」と記載があり、経歴が判明している鏡士は少数です。「藤原光長」については、下記の「鏡士名寄」に活躍年代の違う2名が確認されているようです。

当館で所蔵している金工や和鏡関係の文献を当たりましたが、この2名に関する記載は見当たりませんでした。

中野正樹編「和鏡」(『日本の美術』第42号 当館請求記号 <Z11-195>)
 該当箇所:「鏡士名寄」 p.110-116 藤原光長の項に「藤原光長 (宝永六年・文久二年)」とあり。
回答プロセス
(Answering process)
事前調査事項
(Preliminary research)
〔典拠〕旧家に代代伝わる鏡。把手がついていて、直径15~20cm程度で銀製。裏面左に「藤原光長」の銘があり、左上に鶴、左下に亀、中に松、右に竹梅の図柄がそれぞれあり、鏡より一回り大きいケースに収められている。
〔調査済資料〕人名事典、金工事典、「和鏡の研究」(角川書店 1974)で見つからない。
NDC
金工芸  (756 9版)
参考資料
(Reference materials)
キーワード
(Keywords)
藤原光長
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
文献紹介
内容種別
(Type of subject)
人物
質問者区分
(Category of questioner)
公共図書館
登録番号
(Registration number)
1000014373解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
未解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!