このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000054600
提供館
(Library)
埼玉県立久喜図書館 (2110009)管理番号
(Control number)
埼熊-2008-165
事例作成日
(Creation date)
2008/06/15登録日時
(Registration date)
2009年05月09日 02時11分更新日時
(Last update)
2009年05月12日 15時31分
質問
(Question)
「広辞苑」によると森鴎外が帝室博物館の館長になったというが、博物館設立当初には「総長」という名称ではないか。名称が変わったのか。何代目の総長か。
回答
(Answer)
明治23年5月16日付の官制により帝国博物館総長を置くとあり。
明治33年6月26日の帝室博物館官制にも総長を置くとあり。
昭和22年5月3日国立博物館官制の公布施行により、館長と名称が変わった。
帝国博物館から帝室博物館への名称変更があるが、宮内省所管の博物館総長としては3代目。
回答プロセス
(Answering process)
『広辞苑 第2版補訂版』には「帝室博物館長」とあり。
『新潮日本文学辞典 増補改訂』の〈森鴎外〉に、大正6年に帝室博物館長とあり。
『東京国立博物館百年史』
〈帝国博物館の設置〉に「ここ(帝国博物館)には館長を置かず三(帝国・帝国京都・帝国奈良)博物館を統理する総長をおくという組織」「明治33年帝室博物館官制が施行され、帝国博物館は帝室博物館と改称」「帝室博物館管制第3条に東京帝室博物館ニ帝室博物館総長ヲ置ク」とあり。
〈国立博物館の設置〉に昭和22年5月3日国立博物館官制の公布施行により「館長」となる。
『東京国立博物館百年史 資料編』に歴代幹部職員変遷表あり。
総長は、九鬼隆一(明治22年5月-明治33年3月)、股野琢(明治33年3月-大正6年12月)に次いで森林太郎(大正6年12月-大正11年7月)となっている。
『帝室博物館略史』に旧博物館局長博物館総長の一覧あり。
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
博物館  (069 9版)
行政  (317 9版)
参考資料
(Reference materials)
『東京国立博物館百年史』(東京国立博物館 1973)
『東京国立博物館百年史 資料編』(東京国立博物館 1973)
『帝室博物館略史』(帝室博物館 1938)
キーワード
(Keywords)
帝室博物館
森 林太郎(モリ リンタロウ)
森 鴎外(モリ オウガイ)
官職(行政)-明治時代-日本 
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
事実調査
内容種別
(Type of subject)
人物
質問者区分
(Category of questioner)
個人
登録番号
(Registration number)
1000054600解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!