このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000113995
提供館
(Library)
埼玉県立久喜図書館 (2110009)管理番号
(Control number)
埼熊-2012-164
事例作成日
(Creation date)
2012年09月04日登録日時
(Registration date)
2012年11月14日 13時17分更新日時
(Last update)
2013年01月08日 14時12分
質問
(Question)
幕末の幕臣、北川(秀裕=明治の名前、隆三郎かも)氏の家の地図を知りたい。北川千代の先祖で神田小川町1番あたりと思われる。
回答
(Answer)
北川千代の父・祖父について調査したが、該当の北川氏の家を特定することはできなかった。
回答プロセスを報告した。
回答プロセス
(Answering process)
北川千代の父についての調査する。
《深谷市》のウェブサイト( http://www.city.fukaya.saitama.jp/lforte/kitagawatiyo.html  2012/11/14最終確認)
「千代の父である北川俊(1851・嘉永4年生-1917・大正6年没)は明治20年から日本煉瓦工場の工場長を努めます。」とあり。

渋沢栄一と日本煉瓦製造株式会社に関する資料を調査する。
『95年のあゆみ』(日本煉瓦製造株式会社〔編〕 日本煉瓦製造 1983)
 p3-7に北川俊に関する記載あり。
 1887(明治20)年10月「会社設立(中略)工務副監督兼通訳 北川 俊」
 1901(明治34)年1月「諸井恒平、北川 俊取締役就任」
 1903(明治36)年1月「北川工場長を独逸に派遣」
 1908(明治41)年8月「北川 俊取締役工場長を辞任、工場顧問となる」
 1913(大正2)年6月「北川 俊工場顧問を解く」

『日本煉瓦100年史』(日本煉瓦製造株式会社社史編集委員会編 日本煉瓦製造株式会社 1990)
 p103欄外に北川俊の項あり。「嘉永四年(1851)11月25日生まれ。明治12年6月5日、北川家の家督を相続する。明治41年、病にかかり工場からは身を引くが、その後も顧問としてとどまった。俊の長女(明治24年6月、当社上敷免工場社宅で出生)の千代は児童文学者となり、昭和22年5月に発表した『巣立ちの歌』(中央出版)には、千代の子供時代の当社上敷免工場の様子が描かれている。」

〈北川〉姓を地図で探す。
『江戸東京散歩 切絵図・現代図で歩く』(安田就視写真 わたなべこういちイラスト 人文社 2002)
 p40「東都下谷絵図」に「北川」あり。ただし、フルネームはわからず。
『第一軍管地方迅速測図 二万分一地形図』(参謀本部測量局〔編〕 大日本測量 〔19--〕)
 「麹町区」の地図に小川町あり。個人の家は特定できない。
『江戸東京重ね地図 安政三年1856度実測復元地図』(吉原健一郎、俵元昭監修 エ-ピ-ピ-カンパニ- 2001)
【CD-ROM】 No.3654「小川町」近辺の名前を見るが北川姓みあたらず。

北川千代から調べる。
『児童文学事典』(日本児童文学学会編 東京書籍 1988)
 p189「北川千代」の項に、「埼玉県大里郡大寄村(現深谷市)の日本煉瓦会社の社宅に生まれる。」とある。千代が生まれた頃には既に埼玉県に移り住んでいた。
『埼玉人物事典』(埼玉県教育委員会編 埼玉県 1998)
 p285〈きたがわ ちよ 北川 千代〉の項あり。
 「明治27.6.14-昭和40.10.14(1894-1965) 児童文学者。大寄村(深谷市)生まれ。本名高野千代。俊、てうの長女。当時俊は日本煉瓦工場の工場長で、千代はその社宅で誕生した。明治38年(1905)に上京するまで大寄村に居住。(以下略)」
 本名とされる「高野」姓は後に結婚した高野松太郎の姓と思われる。
『日本児童文学大系 22 北川千代、壷井栄』(ほるぷ出版 1978)
 p453-462〈北川千代年譜〉に以下の記述あり。
 「祖父は、幕府天文方に勤める旗本で昌平校教授。父の俊は好学の血をつぎ、渋沢栄一にみとめられドイツに留学。帰国後日本煉瓦会社に入社、建築用煉瓦の工場長であった。母てうは新町富沢氏の出。」
  
その他調査済み資料は以下のとおり
渋沢栄一と日本煉瓦株式会社
『日本煉瓦製造株式会社旧煉瓦製造施設』(深谷市教育委員会 〔1997〕)
『渋沢栄一と埼玉の近代:創業期の日本煉瓦製造株式会社』(埼玉県立文書館編 埼玉県立文書館 2011)
『渋沢栄一翁の顕彰とレンガを活かしたまちづくり』(深谷市 第8版 2007)
『渋沢栄一事業別年譜 全』(渋沢青淵記念財団竜門社編 国書刊行会 1985)
『埼玉の先人渋沢栄一』(韮塚一三郎著 金子吉衛著 さきたま出版会 1983)
『青淵先生六十年史:一名近世実業発達史 2』再版(竜門社編 竜門社 1900)
『埼玉県名士鑑 全』(高田晴司編 埼玉県名士鑑編纂会 1925)
武鑑
『江戸幕府役職武鑑編年集成 33(安政7年-文久2年)』(深井雅海編 藤實久美子編 東洋書林 1999)
 p47「安政武鑑」(安政7年)の〈天文方〉に名前なし。
 p135「大成武鑑」(万延元年)なし。
 p225「大成武鑑」(万延2年)なし。
 p317「文久武鑑」(文久元年)なし。
 p407「大成武鑑」(文久2年)なし。
 p501「文久武鑑」(文久2年)なし。
武鑑を総合的に確認するため、『大武鑑』による調査を行う。
『大武鑑 改訂増補』上・中・下(橋本博編 名著刊行会 1965)
  下巻の索引より〈天文方〉にあたる。ついでに〈学問所〉(念のため〈開成所〉も)も確認する。
〈天文方〉関連職(元禄12-慶應2)に「北川」姓の人名なし。
〈学問所〉関連職(文政6-明治1)に「北川」姓の人名なし。
〈開成所〉関連職(元治1(文久4)-明治2)に「北川」姓の人名なし。
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
個人伝記  (289 9版)
日本  (291 9版)
参考資料
(Reference materials)
キーワード
(Keywords)
北川(氏)(キタガワ(シ))
北川 千代(キタガワ チヨ)
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
文献紹介
内容種別
(Type of subject)
人物
質問者区分
(Category of questioner)
個人
登録番号
(Registration number)
1000113995解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
未解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!