このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000248578
提供館
(Library)
島根県立図書館 (2110035)管理番号
(Control number)
島根郷2018-10-004
事例作成日
(Creation date)
2018年10月21日登録日時
(Registration date)
2018年12月16日 16時19分更新日時
(Last update)
2019年09月12日 18時12分
質問
(Question)
『日本年号大観』の著者である森本角蔵について知りたい。
回答
(Answer)
当館所蔵資料より、下記の資料を紹介し回答。

資料1:952「森本角蔵」の項目あり。1883-1953。東京高師教授、漢学者。東伯郡小鴨村(現・倉吉市)出身。鳥取師範学校卒業後、1911年東京高等師範学校文科兼修体操専修科に入学。卒業と同時に同校附属中教諭となる。森本を世界の学会に有名にしたのは著作『四書索引』『五経索引』『日本年号大観』であった。これらの著作について宇野哲人(漢学者)や徳富蘇峰らが称賛している。また、教え子には正田英三郎(美智子上皇后の父)や尾高朝雄(東大教授)など著名人も多いとされる。

資料2:p360-365「森本角蔵」の項目あり。経歴や逸話などの記述あり。東京高師を昭和21年3月に定年退官した後は、実践女子大学教授として招かれたが、在職中の昭和27年10月に高師同窓会の創立70周年記念式典の最中に脳出血で倒れ、その後28年3月に70歳で没した。生前の功績により従三位勲三等が贈られた。学問的業績として『四書索引』『五経索引』『日本年号大観』を取り上げて詳しく記述されている。

資料3:インターネット情報。鳥取県立図書館HPに「郷土人物検索」あり。名前などを入力して検索すると関連資料を探すことができる。「森本角蔵」で検索すると5件の参考文献が該当した。そのうち資料2・3以外の3冊は当館には所蔵がなかった。
回答プロセス
(Answering process)
資料4:p2595に「森本角蔵」の項目があり、明治~昭和期の東京高師教授。漢学者。鳥取百(明治16~昭和28)、とあったので鳥取県出身とわかる。
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
日本語  (031 8版)
個人伝記  (289 8版)
参考資料
(Reference materials)
【資料1】新日本海新聞社鳥取県大百科事典編集委員会 編 , 新日本海新聞社. 鳥取県大百科事典. 新日本海新聞社, 1984.
http://iss.ndl.go.jp/books/R100000002-I000001734856-00  (当館請求記号 R031/171 ※貸出禁止資料)
【資料2】鳥取県百傑伝 : 近代百年. 山陰評論社, 1970.
http://iss.ndl.go.jp/books/R100000002-I000001210751-00  (当館請求記号 092.8A/277 ※貸出禁止資料)
【資料3】鳥取県立図書館ホームページ 郷土人物検索( https://www.library.pref.tottori.jp/winj/opac/search-local.do?forward=back )(最終確認2019/6/23)
【資料4】日外アソシエーツ編集部/編 , 日外アソシエーツ. 人物レファレンス事典 郷土人物編[第1期]そ〜ん. 日外アソシエーツ, 2008.
http://iss.ndl.go.jp/books/R100000001-I000438728-00  (当館請求記号 R281/ジ/2 ※貸出禁止資料)
キーワード
(Keywords)
森本角蔵
教育
鳥取県
東京高等師範学校
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
文献紹介
内容種別
(Type of subject)
人物
質問者区分
(Category of questioner)
社会人
登録番号
(Registration number)
1000248578解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!