このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000143837
提供館
(Library)
滋賀県立図書館 (2110049)管理番号
(Control number)
滋2013-0067
事例作成日
(Creation date)
2013/8/1登録日時
(Registration date)
2014年01月23日 00時30分更新日時
(Last update)
2014年01月23日 00時30分
質問
(Question)
幕末・明治期の儒学者川田剛(甕江)が安政年間に近江の大溝藩に招聘されていた。川田剛招聘の経緯と同藩での活動を知りたい。
回答
(Answer)
『高島町史』によりますと「光貞は幼少のころから文武の道を極め、大溝藩に入って後は江戸への参勤交代に出仕するたびに、当時江戸の儒者であった佐藤一斉・河田屏浦(へいほ)・川田甕江(おうこう)などを招いて四書五経の講義を聴き、藩士にも受講させたという『同前』。後には、川田甕江を藩校脩身堂(しゅうしんどう)の客員教授に招き、藩士の指導にあたらせるかたわら、『藤樹先生年譜』『徳本堂記』等を撰述させたのである。」とあります。文中の「光貞」とは藩主の分部光貞で、『同前』とは『集成分部家系譜』のことです。また、『中江藤樹伝及び道統』によりますと、「川田剛、「徳本堂記」を作る。(中略)川田剛、徳本堂を訪い、排律を賦して以て感を述ぶ、中に「低回徒に自ら愧ず」という。」とあるほか。『近江聖人中江藤樹』、『物語中江藤樹』にも同様の記載があります。さらに、『高島郡誌 全』によりますと、「安政五年川田剛、光貞の命を受けて修身堂規則を制定たりしが、實施するに至らざりき。」とあります。なお、高島郡高島町は現在高島市になっています。
回答プロセス
(Answering process)
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
日本思想  (121 8版)
参考資料
(Reference materials)
1 高島町史 高島町役場∥編 高島町役場 1983年 S-2116- 83 p.663

2 集成分部家系譜 笠井劼∥編 分部神社[ほか] 1970年 5-2816- 70 p.73

3 中江藤樹伝及び道統 後藤三郎∥著 理想社 1970年 S-1215- 70 p.253

4 近江聖人中江藤樹 大久保龍∥著 啓文社 1937年 S-1215- 37 p.242-245

5 物語中江藤樹 松下亀太郎∥著 日本藤樹学会 1981年 S-1215- 81 p.379,395

6 高島郡誌 全 高島郡教育会∥編著 饗庭昌威∥増補編 饗庭昌威 1972年 S-2110- 72 p.836
キーワード
(Keywords)
川田剛
川田甕江
大溝藩
分部光貞
修身堂
藩校
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
事実調査
内容種別
(Type of subject)
人物
質問者区分
(Category of questioner)
社会人
登録番号
(Registration number)
1000143837解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!