このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000187311
提供館
(Library)
埼玉県立久喜図書館 (2110009)管理番号
(Control number)
埼熊-2015-089
事例作成日
(Creation date)
2015年03月14日登録日時
(Registration date)
2016年01月21日 16時49分更新日時
(Last update)
2016年03月11日 13時46分
質問
(Question)
『元禄及び享保時代における経済思想の研究』(中村孝也著 小学館 1932)に引用されている、荻原重秀の言葉の出典元の資料が見たい。
「世情に見合った貨幣を流通させれば(諸人くつろぎ)」といった趣旨の言葉である。
回答
(Answer)
『新・國史大年表 5 1』(日置英剛編 国書刊行会 2010)の
p760-761「1695-元禄8年 8・11」の項に、若干の異同はあるが、 元禄の改鋳の建策(目上の人に申し上げること)の文言として以下の記述があり、これを紹介した。
 「幕府、勘定吟味役絵荻原重秀の「御勝手御手詰りとは畢竟、金銀不足仕り候事にて、金銀を沢山に成され候へば、御用途は申上ぐるに及ばず、自然世間にも世渡り、下々も相甘(くつろ)ぎ申すべく、御仁政此上もなく有難き御事に存じ奉り候」との建策により、金銀貨改鋳(元字金銀)を命ずる。」
その典拠は「常憲院殿御実紀」「貨幣通考」「貨幣秘録」「御触書寛保集成」であると記述があり、三点の典拠を確認したが、質問に該当する言葉の出典は見つからなかった。
回答プロセス
(Answering process)
1 『新・國史大年表 5 1』(前掲資料)にあった典拠資料を確認する。
(1) 「常憲院殿御実紀」を確認する。
 『国史大系 〔43〕 徳川実紀』(黒板勝美、国史大系編修会編輯 吉川弘文館 1991)
 p238上段・「十一日」の項に「勘定吟味荻原彦次郎重秀これをつかさどり。」とあり。
 出典は「日記、年録」とあり。
(2) 上記の出典「年録」を確認するが、該当する記述はなし。
《国会図デジタルコレクション》「年録 [113]」※45-46コマ目が8月11日の項。
http://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/2561793?tocOpened=1  国会図 2015/03/01最終確認)
(3) 「貨幣通考」を確認する。
『勝海舟全集 7 吹塵録 2』(勝海舟、勝部真長〔ほか〕編 勁草書房 1974)
  p433-516「貨幣通考」あるが質問に該当する記述はなし。
(4) 「貨幣秘録」を確認する
《国会図デジタルコレクション》「日本経済叢書 巻32」(滝本誠一編 日本経済叢書刊行会 1915-1917)※「貨幣秘録」所収
http://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/950415/182?viewMode=  国会図 2015/03/01最終確認)質問に該当する記述なし。
(5) 「御触書寛保集成」を確認する。
 『御触書寛保集成』(高柳真三編 岩波書店 1976)
 元禄8年前後p892-893の1757-1763を確認するが、該当する記述なし。

2 その他の調査資料
(1) 『元禄及び享保時代における経済思想の研究 中』(中村孝也著 改訂 小学館 1932)を確認する。
 「第5章 交換経済論 (四)元禄・寛永の金銀貨改鋳と新井白石の貨幣論 (A)金銀貨の改鋳」p446に「その意見は、荻原茂秀の主張に基づくとせらる。曰く「御勝手元御手詰とは、畢竟、金銀の不足仕事にて、金銀を澤山に成され候へば、自然御用途も豊かに、諸人くつろぎ可申(後略)」とあり。出典などはなし。
(2) 参考図書を調べる。
 『近世史ハンドブック』(児玉幸多〔ほか〕編 近藤出版社 1984)
  p171-172「5 貨幣制度 イ、貨幣流通」の項に、江戸時代貨幣流通の基本文献として「古事類苑」があげられている。
(3) 「古事類苑」を確認する。
 『古事類苑 泉貨部・称量部』(吉川弘文館 1984)
 p208-212「元禄金銀」の項に、「享保集成絲綸録」「常憲院殿御実紀」「貨幣通考」「貨幣秘録」「金銀図録」の引用があるが、該当の記述なし。
(4) 自館目録を〈近世 & 銀座〉で検索する。
 『近世銀座の研究』(田谷博吉著 吉川弘文館 1963)
 《国会図デジタルコレクション》で確認する。( http://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/3042606  国会図 2015/03/06最終確認)93コマ 国立国会図書館/図書館送信参加館内公開
 「銀座年寄提出の改鋳建議」の項あり。その典拠は「三貨図彙」とあり。
(5) 「三貨図彙」を確認する。
 《国会図デジタルコレクション》「日本経済叢書 巻28」(滝本誠一編 日本経済叢書刊行会 1915-1917)目次、解題から箇所を特定できず。  
 ( http://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/950411/8?viewMode=  国会図 2015/03/06最終確認)
(6) 自館目録を〈元禄時代〉で検索し、以下の関連のありそうな資料を確認するが、いずれも質問に該当する記述は見当たらず。
 『近世日本国民史 第17 元禄時代』(徳富猪一郎著 民友社 1936)
 『江戸時代の古文書を読む 元禄時代』(竹内誠〔ほか〕著 徳川林政史研究所監修 東京堂出版 2002)
 『元禄時代がわかる。 Aera mook』(朝日新聞社 1998)
 『近世日本国民史 18 元禄時代』(徳富猪一郎著 民友社 1936)義士篇
 『近世日本国民史 19 元禄時代』(徳富猪一郎著 民友社 1936)世相篇
事前調査事項
(Preliminary research)
『近世銀座の研究』(田谷博吉 吉川弘文館 1963)に質問資料が引用されていた。
NDC
個人伝記  (289 9版)
日本史  (210 9版)
参考資料
(Reference materials)
『新・國史大年表 5 1』(日置英剛編 国書刊行会 2010), ISBN 978-4-336-04830-1
キーワード
(Keywords)
荻原 重秀(オギハラ シゲヒデ)
日本-歴史-江戸時代
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
文献紹介
内容種別
(Type of subject)
人物 言葉
質問者区分
(Category of questioner)
個人
登録番号
(Registration number)
1000187311解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!