このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000157862
提供館
(Library)
豊中市立図書館 (2310050)管理番号
(Control number)
6000017341
事例作成日
(Creation date)
2014/07/09登録日時
(Registration date)
2014年08月08日 00時30分更新日時
(Last update)
2014年08月15日 11時01分
質問
(Question)
江戸時代に、吹田の殿様が「毒荏」という木を植えて油をとり、灯油の代わりとするようにと領内に知らせた古文書があると聞いた。この「毒荏」という植物についてわかる本はあるか。
回答
(Answer)
「毒荏」はアブラギリの別名。『新訂 原色樹木大図鑑』などに記載があり。
回答プロセス
(Answering process)
『日本国語大辞典 第二版』9巻(小学館)p1134「どくえ」に項目があり。植物「あぶらぎり」の異名とのこと。
また『図説 草木辞苑』(柏書房)五十音索引にも「どくえ」があり。p120「あぶらぎり(油桐)」に、トウダイグサ科の落葉高木で、犬桐・山桐・毒荏などの別名があるとあり。実は有毒。白黒のイラストがあり。

『新訂 原色樹木大図鑑』(北隆館)p374「アブラギリ」に、カラーのイラストと説明があり。種子から乾性油(桐油)をとり灯油などに利用するとのこと。アブラギリの名は桐に似て果実から油をとるためについたとあり。

なお、『吹田市史』(吹田市)第2巻(江戸期)および第6巻(史料編3)を調べたものの、利用者が耳にした古文書は特定できず。
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
森林立地.造林  (653 9版)
参考資料
(Reference materials)
『日本国語大辞典第9巻』 小学館国語辞典編集部/編集 小学館
『図説草木辞苑』 柏書房
『原色樹木大圖鑑』 林 弥栄/旧版監修 北隆館
キーワード
(Keywords)
油桐(アブラギリ)
植物(ショクブツ)
樹木(ジュモク)
トウダイグサ科(トウダイグサカ)
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
文献紹介
内容種別
(Type of subject)
その他
質問者区分
(Category of questioner)
一般
登録番号
(Registration number)
1000157862解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!