このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000171365
提供館
(Library)
福岡県立図書館 (2110014)管理番号
(Control number)
福参-989
事例作成日
(Creation date)
20140913登録日時
(Registration date)
2015年04月22日 00時30分更新日時
(Last update)
2015年04月22日 00時30分
質問
(Question)
『壁の道』マンフレート・ヴィルケ著の邦訳されているものはありますか。
著者はドイツの歴史家で、内容はベルリンの壁について書かれているものです。
回答
(Answer)
原題『Der Weg zur Mauer : Stationen der Teilungsgeschichte』
著者名 Manfred Wilke
だと考えられる。

このタイトル、著者名でNDLサーチ、CiNii等を検索したところ、英語訳の資料を見つけることはできたが、邦訳資料を見つけることはできなかった。

英語タイトル『The path to the Berlin Wall : critical stages in the history of divided Germany』
法政大学図書館が所蔵している。
回答プロセス
(Answering process)
ネットで検索→ウィキペディア「ベルリンの壁」のなかに、『壁の道』・・・・の記述がみられる。
出典が読売新聞2011/8/14とあったのでヨミダスで確認
→著者「マンフレート ウィルケ」と書かれている。

「国立国会図書館典拠データ検索・提供サービス(Web NDL Authorities)」で確認 
→それらしき名前があったので、その名前で「Worldcat」等検索するが、上記の著作を見つけられず。

ウィルケ、ヴィルケの部分が曖昧なので、「マンフレート」と「ベルリンの壁」をキーワードに「German National Library」の所蔵検索をし、回答資料を見つける。
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
ドイツ.中欧  (234 8版)
参考資料
(Reference materials)
1 German National Library http://www.dnb.de/EN/Home/home_node.html
2 国立国会図書館典拠データ検索・提供サービス(Web NDL Authorities) http://id.ndl.go.jp/auth/ndla
キーワード
(Keywords)
ベルリンの壁 ドイツ
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
書誌的事項調査
内容種別
(Type of subject)
その他
質問者区分
(Category of questioner)
図書館
登録番号
(Registration number)
1000171365解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!