このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000225707
提供館
(Library)
宮城県図書館 (2110032)管理番号
(Control number)
MYG-REF-170063
事例作成日
(Creation date)
2015/12/02登録日時
(Registration date)
2017年12月01日 00時30分更新日時
(Last update)
2017年12月01日 00時30分
質問
(Question)
以下の句の出典が知りたい。
「身に添うは、頭巾、襟巻、杖、眼鏡、たんぽ、温石、しびん、孫の手」
「疎くなる 気短かになる 意地になる 心はひがむ 身はふるうなり」
「聞きたがる、死にとむながる、寂しがる、心はまがる、欲ふかくなる」
回答
(Answer)
以下の資料に記載がありました。※【 】内は当館請求記号です。

資料1 奈良康明 編著『仏教名言辞典』東京書籍, 1989【180.33/ナヤ89X/R】
p.105「手は振るう足はよろつく歯は抜ける 耳は聞こえず目はうとくなる」の項
「(前略)<出典>江戸、仙崖義梵(せんがいぎぼん) (一七五〇 ― 一八三七)、「老人六歌仙」。(中略)<解説>これは、千崖の画讃に見えるもので、彼は「古人の歌」と記しているが、一般に仙崖「老人六歌仙」と呼ばれている(中略)しわがよるほくろがでける腰曲がる 頭がはげるひげ白くなる 手は振るう足はよろつく歯は抜ける 耳は聞こえず目はうとくなる 身に添うは頭巾襟巻杖目鏡 たんぽおんじゃくしゅびん孫の手 聞きたがる死にとむながる淋しがる 心は曲がる欲深くなる くどくなる気短かになる愚痴になる 出しゃばりたがる世話やきたがる 又しても同じ話に子を誉める 達者自慢に人はいやがる(後略)」

資料2 渋沢秀雄「老人六歌仙」 『文藝春秋』 文藝春秋, 1971, 49巻2号, pp.76-77【P051.3/フ】

・「国立国会図書館デジタルコレクション」
「教訓俚歌集」 http://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/755138 (最終アクセス日:2017/07/28)
24コマ目「老人六歌仙」の項
回答プロセス
(Answering process)
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
仏教  (180 9版)
参考資料
(Reference materials)
キーワード
(Keywords)
仙厓, 義梵(センガイ, ギボン)
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
社会人
調査種別
(Type of search)
事実調査
内容種別
(Type of subject)
その他
質問者区分
(Category of questioner)
登録番号
(Registration number)
1000225707解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!