このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000225321
提供館
(Library)
伊丹市立図書館 本館「ことば蔵」 (2300062)管理番号
(Control number)
1412
事例作成日
(Creation date)
2017年11月23日登録日時
(Registration date)
2017年11月23日 15時27分更新日時
(Last update)
2018年12月11日 16時40分
質問
(Question)
「トポス」「修辞学」(アリストテレス/著)を読みたい。
回答
(Answer)
『アリストテレス全集 2 トピカ』(アリストテレス/[著]、村治能就/訳、岩波書店)、『(同左) 16 弁論術』(アリストテレス/[著]、山本光雄/訳、岩波書店)を提供。
第2巻にトポス、第16巻に修辞学(レトリック)の考察がある。
回答プロセス
(Answering process)
図書館システムでキーワード「アリストテレス」+「トポス」、「アリストテレス」+「修辞学」を検索するも見当たらず。
質問者の書名覚え違いか、書名ではなく主題と推測。

トポスについて調査。
 ・『岩波哲学・思想事典』(広松渉/[ほか]編集、岩波書店)p.1183「トポス」の項目に「弁論の論点、命題を指す用語。アリストテレスが『トピカ』でトポスについて論じた。参考文献『アリストテレス全集 2 トピカ』」(要約)とある。
  p.1182「トピカ」の項目にも「(トポスについて考察した)アリストテレスの著作『トピカ』に由来する語」と書かれている。

 ・参考文献に挙げられる『アリストテレス全集 2 トピカ』(アリストテレス/[著]、村治能就/訳、岩波書店)を図書館システムで検索すると当館で所蔵していた。

修辞学について調査。
 ・『岩波哲学・思想事典』に「修辞学」の項目なし。
  質問者情報から「レトリック」を引く。p.1729項目「レトリック」に「rhethoric(質問者情報とスペルが異なる)。日本語訳は「修辞学」。効果的な言語表現を工夫して、聴衆・読者に説得や感動を生み出す技術。アリストテレスもレトリックについて考察した。参考文献『アリストテレス『弁論術』」(要約)とある。
  続いて本書で参考文献の「弁論術」を引くも項目なし。

  修辞学=レトリックだが、レトリック=(アリストテレスの)弁論術とは断定できず。

 ・『世界大百科事典』(平凡社)を調査。25巻p.718「弁論術」の項目に「▶▶▶レトリック」(を参照)とある。
  同30巻p.170「レトリック」の項目には「古代ギリシャにおける理論体系のうちで、レトリックの理論体系で現在残っているおもなものとしては、アリストテレスの≪弁論術≫」(要約)とある。
 よって修辞学=レトリック=(アリストテレスの)弁論術と判断。

 ・図書館システムでキーワード「アリストテレス」+「弁論術」を検索すると『アリストテレス全集 16 弁論術』(アリストテレス/[著]、山本光雄/訳、岩波書店)を所蔵していた。

当館所蔵分2冊を出し、質問者に内容を確認してもらったところ、この本で間違いないとのことだった。
事前調査事項
(Preliminary research)
質問者によると、「修辞学」の英訳は「rethoric(レトリック)」らしい。
NDC
古代哲学  (131 10版)
日本語  (031 10版)
参考資料
(Reference materials)
アリストテレス全集 2 トピカ
アリストテレス全集 16 弁論術
岩波哲学・思想事典
世界大百科事典 25
世界大百科事典 30
キーワード
(Keywords)
アリストテレス
トピカ
トポス
修辞学
レトリック
弁論術
哲学
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
文献紹介
内容種別
(Type of subject)
うろ覚え・覚え違い
質問者区分
(Category of questioner)
社会人
登録番号
(Registration number)
1000225321解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!