このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000031249
提供館
(Library)
大阪府立中央図書館 (2120005)管理番号
(Control number)
OSPR06080017
事例作成日
(Creation date)
2006年8月31日登録日時
(Registration date)
2006年10月28日 02時10分更新日時
(Last update)
2006年10月29日 11時32分
質問
(Question)
年齢の別名(みそじ、よそじなどの言い方)で、①九十歳を表す ②十歳を表す 
③表などで一覧できるものをさがしています。
回答
(Answer)
③表などで一覧できるものという事ですが、一覧表はありませんでした。しかし、
『日本国語大辞典 第二版 第8巻』(小学館 2001)で「そじ(十路)」を引くと、
以下のような記載があります。

   数を数えるのに10を単位としていう語。平安時代までは物の数を数えるのにも広く用いられたが、
   のちには年齢にのみ限定されるようになった。
   「みそじ」「よそじ」「いそじ」「むそじ」「ななそじ」「やそじ」「ここのそじ」・・・

①九十歳については上記により、「ここのそじ」となります。
上記『日本国語大辞典 第二版辞典 第5巻』に記載があり、
「九十・九十路」と書かれています。

②十歳については
『数え方の日本史』(三保忠夫(著)吉川弘文館 2006)の9頁に・・・和語の数詞とは、
「ひと、ふた、み、よ、いつ、む、なな、や、ここの、とお」・・・とあります。
そこで、初出の『日本国語大辞典 第二版 第11巻』で「ひとそじ」を引くと
「一十」と書かれており、「路」はついていませんが併記してある例文をみると、
年齢を数えるときに使われていたようです。

また、二十歳についても同じ辞典で「ふたそじ」を引くと「二十・二十路」と記載されています。
これで十歳から九十歳までの呼び方が判明したことになります。

回答プロセス
(Answering process)
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
文法.語法  (815 8版)
参考資料
(Reference materials)
日本国語大辞典 第二版 第5巻(ページ:652)
日本国語大辞典 第二版 第8巻(ページ:410)
日本国語大辞典 第二版 第11巻(ページ:382, 892)
数え方の日本史(ページ:9)
キーワード
(Keywords)
年齢
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
書誌的事項調査
内容種別
(Type of subject)
言葉
質問者区分
(Category of questioner)
図書館
登録番号
(Registration number)
1000031249解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!