このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000170625
提供館
(Library)
埼玉県立久喜図書館 (2110009)管理番号
(Control number)
埼久-2015-006
事例作成日
(Creation date)
2014/11/16登録日時
(Registration date)
2015年04月10日 13時53分更新日時
(Last update)
2015年06月30日 14時45分
質問
(Question)
デジタル補聴器のコアテクノロジー「チャネルフリー」は、スイスのBERNAFON(バーナフォン)社だけが持つ技術であり、10年程前から出始めたものである。このチャネルフリーについての文献・学術論文が見たい。
回答
(Answer)
「チャネルフリー」に関する日本語資料は、下記1点とBERNAFON社関連のウェブサイトのみであった。
その他インターネットで検索できる外国語文献を紹介した。

日本語資料
『よくわかる補聴器選び 買い方から使い方まで全ガイド 2012年版』(関谷芳監修・著 八重洲出版 2011)
 p136-139 スイスの補聴器メーカー BERNAFON社の「クロノス」という補聴器について、「チャネルフリーの最高傑作」とあり。チャネルフリーとマルチチャンネルの比較説明あり。バーナフォン社ウェブサイトとほぼ同情報。

《バーナフォン社ウェブサイト》( http://www.bernafon.jp/  バーナフォン 2014/11/11最終確認)
 「バーナフォンは、チャネルフリーシステムとマルチチャネルシステムの製品群を提供出来る、唯一のメーカーです」
 「チャネルフリーとは 1992年にアインシュタインが卒業した大学で有名なチューリッヒ工科大学の卒論に(人間の耳と同じように機能するデジタル信号処理システム)があり、8年の年月をかけてこのシステムを完成させました。そのシステムをチャネルフリーシステムと呼んでいます。特徴はデジタルとは思えないほど(比類なき明瞭で自然な音質)です(後略)」

《オスカー大村のココロ・コトバ》(個人サイト 2014/11/11最終確認)
 バーナフォン株式会社 相談役・大村和秀 オフィシャルブログより
 「当初はC.A.S.I(Continuously Adaptibe Speech Integrity)処理と称していましたが、一般的に理解できないということで、その後、他の全メーカーが採用しているマルチチャネルシステムとの違いが分かるように、「チャネルフリー」と改名しました」とあり。

《Google Books》( http://books.google.co.jp/  Google 2015/04/10最終確認)を〈bernafon & channelfree〉で検索する。
「Hearing Aid Handbook」(Jeffrey DiGiovanni著)ほか5件の図書がヒットし、該当部分の文章が表示される。

《Google Scholar》( http://scholar.google.co.jp/schhp?hl=ja  Google 2015/04/10最終確認)を〈bernafon & channelfree〉で検索すると、23件の雑誌文献がヒットする。
回答プロセス
(Answering process)
調査済み資料
『補聴器ハンドブック』(Harvey Dillon原著 中川雅文監訳 医歯薬出版 2004)
『「聞こえ」に不安を感じたら… 補聴器の使いこなし方』(河野淳著 メディカルトリビューン 2011)
『聴覚診断と聴覚補償』(舩坂宗太郎著 コロナ社 2007)
『難聴者、自立を 補聴器・周辺機器編』(中園秀喜編 ベターコミュニケーション研究会 2011)
『よく聞こえる補聴器の選び方と使い方』(関谷芳正著 主婦と生活社 1999)
『補聴器フィッテイングの考え方』(小寺一興著 診断と治療社 2010)
『よい聞こえのために』(クラウス・エルバリング著 海文堂出版 2008)

オンラインデータベース
《医中誌Web》(医学中央雑誌刊行会 2014/11/11最終確認)
《CiNii Articles》( http://ci.nii.ac.jp/  国立情報学研究所 2014/11/11最終確認)
《MAGAZINEPLUS》(日外アソシエーツ 2014/11/11最終確認)
《NDL-OPAC(雑索)》( http://www.ndl.go.jp/  国会図 2014/11/11最終確認)
《J-STAGE》 ( https://www.jstage.jst.go.jp/browse/-char/ja/  科学技術振興機構 2014/11/12最終確認)
《J-GLOBAL》( http://jglobal.jst.go.jp/  科学技術振興機構  2014/11/12最終確認)
 以上を〈チャンネルフリー〉or〈bernafon〉or〈チャネルフリー〉or〈クロノス〉で検索するが、質問に関する論文なし。
〈デジタル補聴器〉で検索し、ヒットした論文の掲載雑誌を確認(主に2000年以降出版、埼玉県立図書館で所蔵している資料)するが関連記述なし。

「リオン(補聴器の製造)-きめ細かい販売店教育、利用者の声拾う」(『日経ビジネス 1078号』p62-63 日経BP社 2001)
大沼直紀著「ハイテクばんざい!デジタル補聴器に至ったわけと特徴」(『ノーマライゼーション 19巻5号』p58-62 日本障害者リハビリテーション協会 1999)
「補聴器 デジタル化で性能アップ 生活スタイルに合わせて選ぶ」(『週刊ダイヤモンド 100巻1号』p77 ダイヤモンド社 2011)
武田英彦著「補聴器の選び方・使い方ガイド」(『暮しと健康 57巻8号』p62-67 保健同人社 2002)

外国語文献を探す
以下のデータベースを〈bernafon & channelfree〉で検索するも関連する記述なし。
《MEDLINE 日本語ゲートウェイ NLM(米国国立医学図書館)》( http://www.healthy.pair.com/index.htm  NLM 2014/11/12最終確認)
《BLDSS(The British Library Document Supply Services)》( http://www.bldss.bl.uk/BLDSS/  The British Library 2014/11/16最終確認)
《ASMEペーパー》( https://www.asme.org/  米国機械学会 2014/11/16最終確認)
《SME ペーパー》( http://www.sme.org/  米国製造技術者協会 2014/11/16最終確認)
《NTRL》( http://www.ntis.gov/  National Technical Reports Library 2014/11/16最終確認)
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
眼科学.耳鼻咽喉科学  (496 9版)
参考資料
(Reference materials)
『よくわかる補聴器選び 買い方から使い方まで全ガイド 2012年版』(関谷芳監修・著 八重洲出版 2011), ISBN 978-4-86144-236-0
キーワード
(Keywords)
補聴器
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
文献紹介
内容種別
(Type of subject)
質問者区分
(Category of questioner)
個人
登録番号
(Registration number)
1000170625解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!