このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000258782
提供館
(Library)
兵庫県立図書館 (2110027)管理番号
(Control number)
583
事例作成日
(Creation date)
2019年06月14日登録日時
(Registration date)
2019年07月16日 12時58分更新日時
(Last update)
2019年08月09日 15時57分
質問
(Question)
明治34(1901)年の旅券発行をする際の発行基準(申請基準)について知りたい。
重罪を犯した人が申請しても、申請はおりたのか。
回答
(Answer)
以下の資料を紹介した。

①『旅券法逐条解説』(兵庫県立図書館請求記号:329.9/210)
p10~11 外務省令第2号外国旅券規則制定について記載。
p343~346 明治33年6月外国旅券規則(抄)について記載。

◇『浦潮案内』角田他十郎 編、日露経済会、明35.7(国立国会図書館デジタルコレクション:インターネット公開資料)
http://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/767171
112~114コマ 外国旅行券規則について記載あり。113コマ第8条に、交付ができない者について記載。

◇「官報 1901年03月12日」(国立国会図書館デジタルコレクション:インターネット公開資料)
http://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/2948600
4コマ 1901年3月12日現在の旅券発行についての記載。

◇『海外出稼案内』移民保護協会 編、内外出版協会〔ほか〕、明35.12(国立国会図書館デジタルコレクション:インターネット公開資料)
http://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/800868
63~76コマ 海外旅券出願手続について記載。
75コマ 「海外に踏み出して身代を作らんと思ふ程の者は ~ 東京であれば ~ 其の調査の條項は ~ 一 本人は刑事上の犯罪者となりし事なきや ~ 此の中渡航費の出所所刑如何は最も重要の調査項目と為つて居る」
回答プロセス
(Answering process)
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
社会科学  (3)
法律  (32)
国際法  (329)
参考資料
(Reference materials)
①旅券法研究会 編著 , 旅券法研究会. 旅券法逐条解説. 有斐閣, 2016.
http://iss.ndl.go.jp/books/R100000002-I027126474-00 , ISBN 9784641018389
キーワード
(Keywords)
パスポート
渡航
海外旅行
法令
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
文献紹介 事実調査
内容種別
(Type of subject)
質問者区分
(Category of questioner)
登録番号
(Registration number)
1000258782解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!