このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000142233
提供館
(Library)
近畿大学中央図書館 (3310037)管理番号
(Control number)
20131220-8
事例作成日
(Creation date)
2013年12月20日登録日時
(Registration date)
2013年12月20日 22時11分更新日時
(Last update)
2013年12月20日 22時21分
質問
(Question)
『朝鮮群書大系』を探している。
回答
(Answer)
国史大辞典
朝鮮群書大系
ちょうせんぐんしょたいけい
朝鮮前近代の史籍叢書。明治四十二年(一九〇九)―大正五年(一九一六)、朝鮮古書刊行会が京城(ソウル)で刊行。全四期に分け、第二期を「続」、第三期を「続々」、第四期を「別集」とする。洋装・活版印刷本で全七十九冊を数え、植民地時代に刊行された類書中、最大規模のものである。朝鮮雑誌社社長釈尾春芿を編集兼発行者とし、高等法院判事浅見倫太郎らが解題を執筆している。一部に高麗(『三国史記』『破閑集』『補閑集』『益斎乱藁』『櫟翁稗説』『東国李相国集』『陶隠先生詩集文集』『牧隠詩藁』『圃隠先生集』)、宋(『宣和奉使高麗図経』)、清(『欽定満洲源流考』)、近代日本(『朝鮮美術大観』『新朝鮮及新満洲』)のものを含むが、大半は李朝時代の書籍で占められる。李朝末期に成立した叢書『大東野乗』全十三冊をはじめとして、『東国輿地勝覧』『江華府志』などの地誌、『東国李相国集』『星湖僿説類選』『退渓先生文集』などの名儒の文集、さらには日本に来た朝鮮使節の紀行・見聞録を集成した『海行揔載』等々、重要な書物が多く収録されており、『李朝実録』(『朝鮮王朝実録』)以下の官撰史籍の欠を補っている。・・・

国立国会図書館デジタル化資料、近代デジタルライブラリーで画像が公開されていた。
国立国会図書館デジタル化資料
http://dl.ndl.go.jp/ (2013/12/20確認)
近代デジタルライブラリー
http://kindai.ndl.go.jp/ (2013/12/20確認)
回答プロセス
(Answering process)
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
朝鮮  (221 9版)
参考資料
(Reference materials)
国立国会図書館サーチ(NDL Search)
http://iss.ndl.go.jp/ (2013/12/20確認)
キーワード
(Keywords)
朝鮮群書大系
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
所蔵機関調査
内容種別
(Type of subject)
質問者区分
(Category of questioner)
登録番号
(Registration number)
1000142233解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!