このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000049840
提供館
(Library)
香川県立図書館 (2110006)管理番号
(Control number)
9290
事例作成日
(Creation date)
2008年12月19日登録日時
(Registration date)
2008年12月19日 09時56分更新日時
(Last update)
2018年10月15日 10時29分
質問
(Question)
丸亀藩の武芸について知りたい。
(1 土肥七助の学んだ武芸の流派 2 矢野道場の直清流について書かれている資料 3 鮎川一雄について書かれている資料 4 丸亀藩の武芸全般について書かれてある資料)
回答
(Answer)
1 土肥七助の学んだ武芸の流派

 依頼者から記述の可能性があるのではないかと指摘のあった、当館所蔵資料を調査したが、
 いずれも、土肥七助の学んだ武芸の流派については触れていなかった。

 ・「讃岐 第2号」(讃岐会/編 讃岐会 1914年発行)
  土肥七助義学(加藤飯山/著)(137~138頁)

 ・「随筆讃岐の文人」(草薙金四郎/著 草薙金四郎 1942年発行)
  土肥大作土肥大作、池口一雄の江戸遊学(211~215頁)

 ・「丸亀史料シリーズ 第1号」(丸亀市文化財保護委員会/編 1956年に丸亀市教育委員会が
  発行 1998年に香川県立図書館が複製)
  土肥大作(15~16頁)

 ・「丸亀史料シリーズ 第6号」(丸亀市文化財保護委員会/編 丸亀市教育委員会 1969年発行)
  京極朗徹・土肥大作(竹内邦雄/著)(45~47頁)

 ・「さぬき人物月旦 さぬき人物小伝」(伊藤峰雲/著 讃岐公論社発行の
  「讃岐公論 昭和40年5月-44年9月」掲載の複写)
  丸亀藩志士土肥大作と七助(その27)

 ・「史蹟名勝天然記念物調査報告 9」(香川県史跡名勝天然記念物調査会/編 香川県
  1938年発行)
  香川県下に於ける明治維新の勤王家1 土肥七助(38~39頁)
  なお、本書には「年十五村瀬某に随つて播磨国網干に学ぶこと三年にして家に帰る。此歳
  伊予西条宇和島に順遊し剣法を試む。」との記述がある。

 この他、「讃岐人物風景 8(百花繚乱の西讃)」(四国新聞社/編 大和学芸図書
 1982年発行)の土肥兄弟の章(204~217頁)にも、「・・・弟の七助は播州や伊予国の西条、
 宇和島などの藩で詩文や剣法などの研鑽につとめいた。」との記述がある。

2 矢野道場の直清流について書かれている資料

 依頼者から記述の可能性があるのではないかと指摘のあった「香川善治郎伝-無刀流秘録」
 (森川竜一/著 香川善治郎伝刊行会 1983年発行)を見たところ、第一章春 六香川善次郎手記「覚書」に
 次の記述があった。

 「旧丸亀藩直清流剣術師範矢野市之進先生の門に入らしむ。毎(つね)に教を受く。」(38頁)

 また、「新編丸亀市史 2(近世)」(丸亀市史編さん委員会/編 丸亀市 1994年発行)
 第十三章芸文 第六節武芸 (1146~1156頁)には、丸亀京極藩の武芸の特色や
 武芸系譜、出色の武芸者略伝が記されている。

 その記述によれば、幕末には、武芸修業が盛んになり、諸藩士との交流も活発であったようで、
 嘉永甲寅(一八五四)夏日道後客舎灯前にて書 真心陰流剣術「土州住人北添佶磨英士録」中に、
 「丸亀藩 直清流 鷹匠町 矢野一之進」と記録があるとのこと。(1153~1154頁)

 さらに、数行ずつではあるが矢野家の二名、矢野音八、矢野敬勝(矢野一之助)の経歴が
 記されている。(1155頁)

3 鮎川一雄について書かれている資料
 
 次の資料に、鮎川一雄に関する記述がある。

 ・「史蹟名勝天然紀念物調査報告 10」(香川県史跡名勝天然紀念物調査会/編
  香川県 1939年発行)
  香川県に於ける明治維新の勤王家(其の二) 鮎川一雄(44~45頁)

 ・「随筆讃岐の文人」(草薙金四郎/著 草薙金四郎 1942年発行)
  讃岐芸林史話 多芸多才の鮎川一雄(259~260頁)

 ・「丸亀史料シリーズ 第2号」(丸亀市文化財保護委員会/編 1957年に丸亀市教育委員会が
  発行 1998年に香川県立図書館が複製)
  鮎川一雄(17頁)

4 丸亀藩の武芸全般について書かれてある資料

 「新編丸亀市史 2(近世)」第十三章芸文 第六節武芸 (1146~1156頁)が該当。
回答プロセス
(Answering process)
1 土肥七助の学んだ武芸の流派 
依頼者から記述の指摘があった資料を中心に調査した。

 回答にもあるように、「史蹟名勝天然記念物調査報告 9」や「讃岐人物風景 8(百花繚乱の西讃)」には、
 伊予の西条、宇和島で剣法の研鑽につとめいたとの記述があるものの、その流派については触れていなかった。

2 矢野道場の直清流について書かれている資料 
  「丸亀市史」の記述を見つけることができ、回答につながった。

3 鮎川一雄について書かれている資料
  当館蔵書検索システムの全文表記検索で、「鮎川一雄」をキーワードに検索して回答した。

4 丸亀藩の武芸全般について書かれてある資料)
  2の回答同様、「丸亀市史」の記述を見つけることができ、回答につながった。
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
武術  (789 8版)
参考資料
(Reference materials)
キーワード
(Keywords)
土肥七助
武術
丸亀藩
直清流
鮎川一雄
香川県
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
定番事例
調査種別
(Type of search)
事実調査
内容種別
(Type of subject)
郷土
質問者区分
(Category of questioner)
社会人
登録番号
(Registration number)
1000049840解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!