このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000111095
提供館
(Library)
同志社大学 今出川図書館 (3310014)管理番号
(Control number)
2011-011
事例作成日
(Creation date)
2011年04月15日登録日時
(Registration date)
2012年09月07日 02時01分更新日時
(Last update)
2015年04月10日 12時18分
質問
(Question)
江戸時代後期(安政期:1854-1860)に活躍したという、
見世物の口上人「あまからや」が、存在したという資料を探している。
「あまからや」が大仏の鼻から飛び出る絵画資料があると聞いたので、「あまからや」の存在の裏づけ
として、絵画資料を探して欲しい。
回答
(Answer)
“あまからや”と“大仏図絵”につきまして、下記資料を確認いたしました。

・小野武雄 編著『見世物風俗図誌』(展望社,1977.5)<BN01929558>
 p.176「第三章 見世物・活人形 天竺人形」中に、安政年間と天保二年の天竺人形の絵図2種あります。
  安政年間の絵図の方には、鼻下部に人物が描かれています。それぞれ大仏の絵が確認できました
が、“大仏から飛び出た”か、どうかの記述は確認できませんでした。

・関山和夫 [ほか] 編『寄席・見世物 / 日本庶民文化史料集成 第8巻』(三一書房,1976.8)<BN02342419 >
 p.653「観物画譜」図No.216は、『見世物風俗図誌』に掲載されている安政年間の絵図と同様のもの
    ですが、画像が大きく、大仏の鼻下部に「口上 あまからや」の記載が確認できました。
 p.681 図No.八十四は、No.216と同じ絵図でより鮮明ですが、大仏の鼻下部には「あまからや」の記載は
    なく、鼻右部分に「あまからや」の記載があります。
 p.545,548「観物画譜 解説」を確認するとNo.216は、“・・・安政年間(大坂)難波新地野側暁寺(岡野)
    芳秀画(「摂陽観場画譜」所収のもとは、「あまからや」が大仏の鼻の下か左頬かなどの小異が
    ある。)・・・”と記載あり、No.八十四は、217を参照と記載あります。※216の誤記と思われます。

安政期のあまからやの絵図資料は、確認できました。
いずれも大仏の絵は確認できましたが、“大仏から飛び出たかどうか”につきましては、確認できませんでした。
回答プロセス
(Answering process)
1.データベース検索
 KW:あまからや,見世物 で、検索。情報なし。
 Cinii(0件),マガジンプラス(0件),雑誌記事索引集成DB(0件),Japan Knowledge(0件),
 大宅壮一文庫(3件,関係なし),聞蔵(0件), 近代デジタルライブラリー(0件),
 国会デジタル化資料(0件)【参照 2012-11-14】

2.国立国会図書館 リサーチナビ 利用
 『錦絵(浮世絵)』項目を参照。情報なし。

3.NDC 779.4(大衆演芸,見世物)の、当館開架資料をブラウジングし、下記資料を調査した。

※鵜飼正樹, 北村皆雄, 上島敏昭 編著『見世物小屋の文化誌』(新宿書房,1999.10)
 〈BA43784733〉より
 上島敏昭 著「見世物研究資料」p.324~に参考文献多数あり。
 また、p.326 1行目には“(略)『日本庶民文化史料集成』第八巻「寄席・見世物」
 (三一書房・昭和五一年)が出ている。同書には、朝倉の蒐集による「観物画譜」が収録された。”
 と記載があったので、この資料を中心に、当館所蔵資料を下記の通り調査した。

・朝倉無声 著『見世物研究』(春陽堂,1928.4)< BN08855041>
 p.229 下段7行目「細工編(初期の下)」中に、“・・・かく人気を集めた合羽大仏も、あまりに巨大で
    あるという廉で、四月に入るや寺社奉行所から取拂ひを命ぜられ・・・”と記載あり、当時巨大な
    大仏の見世物が存在したことが確認できた。(絵図あり)
 p.267 下段8行目「細工編(中期の下)」中に、“大切りは天竺大人形と號けて、居丈十六間余の大佛、
    其掌は二間四方の八畳敷程であった。”との記載あり。(絵図あり)

・小野武雄 編著『見世物風俗図誌』(展望社,1977.5)<BN01929558>
 p.176 「第三章 見世物・活人形 天竺人形」中に、安政年間と天保二年の天竺人形の絵図2種あり。
     それぞれ、大仏の絵が確認できる。

・古河三樹 著『見世物の歴史』(雄山閣出版 ,1970)<BN04940003>
 上記と同様の情報。

・古河三樹 著『図説庶民芸能 : 江戸の見世物』(雄山閣出版 ,1982.2)<BN02054389>
 上記と同様の情報。

・永井啓夫 編『大衆芸能 / 伝統と現代 第8巻』(学芸書林,1969.3)<BN06181581>
 情報なし。

・藤沢衛彦 著『変態見世物史』(文藝資料研究會,1927)<BN09796345>
 情報なし。

・畑耕一 著『變態演劇雜考』(文藝資料研究會,1928.9)<BA37928635>
 情報なし。

・関山和夫 [ほか] 編『寄席・見世物 / 日本庶民文化史料集成 第8巻』(三一書房,1976.8)<BN02342419 >
 p.653「観物画譜」図No.216は、『見世物風俗図誌』に掲載されている安政年間の絵図と同様のもの。
    画像が大きく、大仏の鼻下部に「口上 あまからや」の記載が確認できた。
     また、p.681 図No.八十四は、No.216と同様でより鮮明だが、大仏の鼻下部には「あまからや」
    の記載はなく、鼻右部分に「あまからや」の記載あり。
 p.545,548「観物画譜 解説」を確認するとNo.216は、“・・・安政年間(大坂)難波新地野側暁寺(岡野)
    芳秀画(「摂陽観場画譜」所収のもとは、「あまからや」が大仏の鼻の下か左頬かなどの小異
    がある。)・・・”と記載あり。No.八十四は、217を参照と記載あり。※216の誤記と思われる。
事前調査事項
(Preliminary research)
近松門左衛門『本朝三国志』(1710年頃)の刊本より、大仏に関する記述のある下記資料を確認した。

・近松門左衛門 著,近松全集刊行会編纂,『近松全集 第一七巻(影印編)』,(岩波書店,1994.4)
 〈BN00195266〉
 p.396 挿図 (12ウ)(別裏見返)

・近松門左衛門 著,近松全集刊行会編纂,『近松全集 第一一巻』,(岩波書店,1989.8)〈BN00195266〉
 p.101 9行目 本朝三国志 第五“仏のはなを吹出され。”の記載があり。
 飛び出たと思われる記載がある。

100年後の1800年代にも同様の絵が存在すれば、「あまからや」が存在していたという裏付になるのではないか。
NDC
大衆演芸  (779)
日本史  (210)
参考資料
(Reference materials)
鵜飼正樹, 北村皆雄, 上島敏昭 編著『見世物小屋の文化誌』,(新宿書房,1999.10)〈BA43784733〉
朝倉無声 著『見世物研究』(春陽堂,1928.4)<BN08855041>
小野武雄 編著『見世物風俗図誌』(展望社,1977.5)<BN01929558>
関山和夫 [ほか] 編『寄席・見世物 / 日本庶民文化史料集成 第8巻』(三一書房,1976.8)<BN02342419>
キーワード
(Keywords)
あまからや
見世物
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
事実調査
内容種別
(Type of subject)
質問者区分
(Category of questioner)
登録番号
(Registration number)
1000111095解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!