このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000108969
提供館
(Library)
滋賀県立図書館 (2110049)管理番号
(Control number)
滋2011-1693
事例作成日
(Creation date)
2012/06/02登録日時
(Registration date)
2012年07月20日 02時01分更新日時
(Last update)
2012年12月19日 17時12分
質問
(Question)
安楽寺石造浮彫宝塔の概要を知りたい。
回答
(Answer)
安楽寺は大津市枝一丁目にあります。『大津の文化財』によりますと、概要は「花崗石に浮彫された宝塔で、総高106cm、幅60cm、厚さ12cm。現在は下方が欠損しているので、当初は少なくとも総高約150cmはあったと思われる。塔身・屋根・相輪(そうりん)の均整がとれ、中世の仏画などにあらわれてくる宝塔の浮彫的表現とでもいえそうである。塔身は、矩形の中に梵字(ぼんじ)を彫り、上部はくびれて屋根を乗せる。屋根の立体的表現も独創的で、相輪は受花(うけばな)や宝珠(ほうじゅ)のほか、鎖を下げたところまで彫り出している。」とあります。また同資料によりますと、制作時期は鎌倉時代で、大津市指定文化財(昭和40年5月6日指定)です。カラー写真あり。
回答プロセス
(Answering process)
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
石彫  (714 8版)
参考資料
(Reference materials)
1 大津の文化財 大津市教育委員会∥編集 大津市教育委員会 1998年 SB-7011- 98 p.84
2 近江文化財全集 上巻 近江史跡会∥編集 近江史跡会 1974年 SB-7000-1 p.149
キーワード
(Keywords)
安楽寺
石造品
大津市指定文化財
仏塔
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
事実調査
内容種別
(Type of subject)
郷土
質問者区分
(Category of questioner)
社会人
登録番号
(Registration number)
1000108969解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!