このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000107144
提供館
(Library)
滋賀県立図書館 (2110049)管理番号
(Control number)
滋2011-1487
事例作成日
(Creation date)
2012/04/11登録日時
(Registration date)
2012年06月15日 02時00分更新日時
(Last update)
2012年12月06日 18時40分
質問
(Question)
長安寺宝塔の概要を知りたい。
回答
(Answer)
『滋賀県百科辞典』によりますと、概要は「大津市逢坂2丁目長安寺の境内にある。総高3.55mの石造宝塔。台石は八角形、笠石は六角をしている。笠の上におかれている小さな台石と宝珠は後補したもの。この石塔は、別名を「牛塔」といい、つぎのような物語がつたわっている。このあたり一帯は平安時代に日本三大仏の一つを安置していた関寺があったところで1025年(万寿2)の『関寺縁起』によれば、平安時代末期のこと、関寺復興工事のさいに清水寺の僧がその資材運搬用に寄進した1頭の牛が迦葉(かしょう)仏の化身であったというもので、牛が化身であるという噂が都中にひろまり、霊牛を拝もうと人びとがむれあつまった。霊牛は復興工事の終わったのを見届けるかのように1025年(万寿2)に入滅。この霊牛の供養のため石塔が建立されたというもので、牛塔として人々の信仰をあつめたという。さてこの石塔も戦国の兵乱のなか埋没してしまっていたが、元禄(1688)ころにほりだされ、今日にいたっている。鎌倉時代の作。重要文化財。(西川丈雄)」とあります。
回答プロセス
(Answering process)
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
石彫  (714 8版)
参考資料
(Reference materials)
1 滋賀県百科事典 滋賀県百科事典刊行会∥編 大和書房 1984年 S-0300- 84 p.491
2 大津の文化財 大津市教育委員会∥編集 大津市教育委員会 1998年 SB-7011- 98
3 滋賀県文化財目録 平成15年度版 滋賀県教育委員会文化財保護課∥編集 滋賀県教育委員会 2004年 SB-7000-03
キーワード
(Keywords)
長安寺
重要文化財
石造品
仏塔
関寺
牛塔
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
事実調査
内容種別
(Type of subject)
郷土
質問者区分
(Category of questioner)
社会人
登録番号
(Registration number)
1000107144解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!