このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000013176
提供館
(Library)
東京都立中央図書館 (2110013)管理番号
(Control number)
都立図事-2004001187
事例作成日
(Creation date)
2003/03/14登録日時
(Registration date)
2004年12月28日 02時13分更新日時
(Last update)
2007年02月27日 14時37分
質問
(Question)
小袖や陶磁器について、展覧会のカタログ等の表記の仕方についてなにか決まりのようなものがあるか。
回答
(Answer)
資料1に「美術品の名前の付け方」が載っている。
もっとも複雑で理解しにくい名前として、工芸品が挙げられ、工芸品も古くは『秋草の硯箱』のように簡略に呼ばれていたこと、しかしひとつひとつをさらに細かく区別するため、しだいに素材や技法を含めた名称が使われるようになったこと、一旦ルールがわかってしまえば、実物を見なくても、もののイメージをかなり正確に頭に思い描くことができるという点で、合理的な名称でもあることが述べられ、「ただ、最近では、基礎知識がない人でも理解できるように、工芸品の名称もなるべく短くする傾向にある」とされている。
実際の例として、染織品の名称が挙げられている。
『黒綸子地菊水文様絞縫箔小袖』:
「黒」・・・地布の色
「綸子地」・・・種類
「菊水文様」・・・描かれた文様
「絞縫箔」・・・技法
「小袖」・・・形態
回答プロセス
(Answering process)
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
芸術.美術  (700 9版)
参考資料
(Reference materials)
【資料1】 日本美術のことば案内 / 日高薫∥著 / 小学館 , 2003.1 /702.1/5117/2003
キーワード
(Keywords)
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
事実調査
内容種別
(Type of subject)
言葉
質問者区分
(Category of questioner)
登録番号
(Registration number)
1000013176解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!