このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000222018
提供館
(Library)
県立長野図書館 (2110021)管理番号
(Control number)
県立長野-17-089
事例作成日
(Creation date)
2017年9月10日登録日時
(Registration date)
2017年09月16日 16時52分更新日時
(Last update)
2017年10月24日 16時58分
質問
(Question)
当館所蔵の『信濃宝鑑 中巻』(明治34年に刊行したものの復刻版)の著作権はどうなっているか。
回答
(Answer)
『信濃宝鑑 中巻』の編者である渡辺市太郎は、1931年(昭和6年)7月が没年月となっており、没後50年以上経過しているため著作権は消滅している。
回答プロセス
(Answering process)
1 編者である渡辺市太郎を国会図書館サーチで検索し、名古屋市鶴舞中央図書館のレファレンス回答に「渡辺市太郎が創立し、『大日本名蹟図誌』を出 版した合資会社、名古屋光彰舘について」があり確認する。
2 回答プロセスに「『中京名鑑 昭和3年版』p.226に、「名古屋印刷株式會社々長 渡邊市太郎君」の項目とあり、『中京名鑑 昭和3年版』を国立国会デジタルコレクションで確認する。
3 新聞に「渡辺市太郎」の訃報記事の掲載を検索。朝日新聞の1931年(昭和6年)7月9日の朝刊4面に訃報広告記事で7月6日に亡くなった記事が掲載されている。2とこの記事の記載状況から同一人物と判断。
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
著作.編集  (021)
日本  (071)
参考資料
(Reference materials)
名古屋毎日新聞社 編 , 名古屋毎日新聞社. 中京名鑑 昭和3年版. 名古屋毎日新聞社, 1928.
http://iss.ndl.go.jp/books/R100000002-I000000760740-00
キーワード
(Keywords)
渡辺市太郎
名古屋光彰舘
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
事実調査 利用案内
内容種別
(Type of subject)
人物
質問者区分
(Category of questioner)
社会人
登録番号
(Registration number)
1000222018解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!