このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000063342
提供館
(Library)
宮城県図書館 (2110032)管理番号
(Control number)
MYG-REF-090297
事例作成日
(Creation date)
2010/01/08登録日時
(Registration date)
2010年02月13日 02時36分更新日時
(Last update)
2010年02月13日 02時36分
質問
(Question)
『伊勢参宮道中記 嘉永2酉年』【K290.9/イ2】の「陸奥国東磐井郡」掲載箇所を特定することは可能か。また、現代語訳が掲載されている資料も閲覧したい。
回答
(Answer)
『伊勢参宮道中記 嘉永2酉年』は、原資料をゼロックス複写したものを当館で簡易製本した資料です。(原資料は当館に所蔵はありません)

この資料は道中記ですので地名(村の名・山の名)の記述が多くあります。この中から東磐井郡を特定するには、地誌等当時の地名・呼称がわかる資料を照合しながらの通覧を要します。
『角川日本地名大辞典3 岩手県』(角川書店, 1980年)【291.03/ニ11/3】によりますと、東磐井郡が成立するのは明治12年以降ですので、嘉永2年当時の東磐井郡に相当する地名の特定も必要な作業です。これらの作業を行えば,東磐井郡に係る部分を探す事は可能と思われます。

現代語訳につきましては、若干割愛されていますが、下記資料に掲載されています。
『みやぎ』(宮城県広報協会)【PK050/ミ】
5巻8号(1970.8,p.p.30-31):「嘉永二年伊勢道中記 上」正月六日(出発)から正月二十四日まで
5巻9号(1970.9,p.p.30-31):「嘉永二年伊勢道中記 中」正月二十四日から二月十二日まで
5巻10号(1970.10, p.p.30-31)「嘉永二年伊勢道中記 下」二月十七日から二月二十九日まで
にそれぞれ所収されています。原資料は正月六日から三月朔日まで全55日の道中記ですが、訳文は34日分の掲載です。
回答プロセス
(Answering process)
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
日本  (291 9版)
参考資料
(Reference materials)
キーワード
(Keywords)
岩手県東磐井郡
陸奥国磐井郡
伊勢参宮
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
その他
内容種別
(Type of subject)
質問者区分
(Category of questioner)
団体
登録番号
(Registration number)
1000063342解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!