このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000015719
提供館
(Library)
埼玉県立久喜図書館 (2110009)管理番号
(Control number)
埼川-1997-020
事例作成日
(Creation date)
1997/05/30登録日時
(Registration date)
2005年02月11日 02時21分更新日時
(Last update)
2015年04月21日 11時58分
質問
(Question)
日連の「諌暁八幡抄(カンギョウハチマンショウ) 」に〈月は西より東に向へり、月氏の仏法の東へ流るべき相なり。日は東より出ず、日本の仏法の月氏へかへるべき瑞相なり〉とあるが、この「月は西より東に向へり」という自然現象がどういうことなのか知りたい。
回答
(Answer)
『原色現代科学大事典 1 宇宙』(学習研究社)の項目〈月〉や『学研の図鑑 宇宙』から〈月の見かけの動き〉の説明部分を提示する。
回答プロセス
(Answering process)
日連関係の資料『日連辞典』『講座日連 5 日連語録』『日連上人と石原莞爾』等からはこの自然現象が「月の見かけの動き」であるとの記述は確認できなかった。
追記:『日本思想大系 14 日蓮』(岩波書店 1970)に「諌暁八幡抄」の訓読文があり、p369の欄外に該当部分の注釈がある(2007/07/31)。
インターネットでは「月がはじめは西天に現れ、それが東の空に移っていくように、インドの釈尊の説かれた仏法が、月氏より東へ流れて中国、日本に至ったということ。」(「日蓮大聖人御書講義. 第10巻下 諌暁八幡抄」聖教新聞社 1989 国会図所蔵資料引用)のWebサイトあり(2007/07/31)。
事前調査事項
(Preliminary research)
『日連辞典』『講座日連 5 日連語録』『日連上人と石原莞爾』等には全体的な文意の説明(解釈)はあるが「月は西より東に向へり」という箇所の説明は確認できず。『原色現代科学大事典 1 宇宙』の項目〈月〉や『学研の図鑑 宇宙』からこの自然現象はいわゆる「月の見かけの動き」のように思われる。但し、日連関係の資料からは「月の見かけの動き」であるとの記述(説明)は確認できないので、上記『学研の図鑑 宇宙』の該当部分を提示するにとどめる。
NDC
各宗  (188 9版)
自然科学  (400 9版)
参考資料
(Reference materials)
キーワード
(Keywords)
日蓮(ニチレン)-仏教
自然-現象
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
その他
内容種別
(Type of subject)
質問者区分
(Category of questioner)
登録番号
(Registration number)
1000015719解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!