このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000231519
提供館
(Library)
名古屋市鶴舞中央図書館 (2210001)管理番号
(Control number)
名古屋市瑞-2018-002
事例作成日
(Creation date)
2018年2月22日登録日時
(Registration date)
2018年02月28日 09時50分更新日時
(Last update)
2018年06月16日 14時30分
質問
(Question)
「漢書 武帝紀」の中に出てくる、「麟鳳在郊藪、河洛出図書」の意味が知りたい。
回答
(Answer)
『漢書 上巻』(小竹武夫 訳 筑摩書房 1977年)p.50に、「麟鳳は郊外の藪沢におり、黄河・落水からは河図・洛書が出た」とあります。
回答プロセス
(Answering process)
まず、大漢和辞典(諸橋轍次 著 大修館書店 1968年)で「麟」の漢字を調べてみると、第12巻924ページに「麟鳳在郊藪」の部分だけ口語訳と共に掲載されていました。
国会図書館HP上の「リサーチ・ナビ」内の調べ方ガイドをチェックすると、「漢書」を載せた資料でも、全訳付タイプのものは『漢書』(小竹武夫/訳 筑摩書房)であることが分かりました。
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
中国  (222 9版)
語源.意味[語義]  (822 9版)
参考資料
(Reference materials)
諸橋 轍次 著 , 諸橋‖轍次. 大漢和辞典 巻12 縮写版. 大修館書店, 1968.
http://iss.ndl.go.jp/books/R100000001-I025497617-00
班固 [撰] , 小竹武夫 訳 , 班, 固, 32-92 , 小竹, 武夫, 1905-1982. 漢書 上巻 (帝紀 表 志). 筑摩書房, 1977.
http://iss.ndl.go.jp/books/R100000002-I000001332363-00
キーワード
(Keywords)
漢書
武帝紀
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
事実調査
内容種別
(Type of subject)
言葉
質問者区分
(Category of questioner)
社会人
登録番号
(Registration number)
1000231519解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!