このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000051701
提供館
(Library)
兵庫県立図書館 (2110027)管理番号
(Control number)
兵図00079
事例作成日
(Creation date)
2006/7/登録日時
(Registration date)
2009年02月18日 02時10分更新日時
(Last update)
2013年01月21日 17時32分
質問
(Question)
身体障害者用マーク(ピクトグラム)が掲載されている所蔵資料
回答
(Answer)
①『ピクトグラム〔絵文字〕デザイン』(太田幸夫 著 柏書房 1987.5)ピクトグラムに関する認識の書とデザイン
 実践の手引書である。豊富な図版を掲載。
②『日本版PIC活用編 : 視覚シンボルでコミュニケーション』(藤澤和子 編著 ブレーン出版 2001.7)コミュニ
 ケーション障害がある人たちに、PICシンボルをどのように活用できるか検証している。知的障害・肢体不自由・
 自閉症・失語症・外国人への日本語教育などの事例や実践に基づいて、様々な活用・指導方法をわかりやす
 く紹介している。 
③『ピクトグラムのおはなし』(太田幸夫 著 日本規格協会 1995.3)p81~89に生活の福祉のために「障害者用
 シンボル」としてのピクトグラムの記述あり。 
④『世界のサインとマーク』(村越 愛策 監修 世界文化社 2002.4)サインやマークの移り変わりや諸外国との
 比較、新しくできたマークなど、さまざまな分野のものを集め、マークの意義や役割、デザインとしての完成度
 等を考えている。 
⑤『視覚シンボルの心理学』(清水寛之 編著 ブレーン出版 2003.10)p21-46,47-63にピクトグラムについて、
 視覚シンボルの認知、利用の状況と展望の記述あり。
回答プロセス
(Answering process)
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
グラフィックデザイン.図案  (727 9版)
参考資料
(Reference materials)
キーワード
(Keywords)
身体障害者用マーク
ピクトグラム
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
文献紹介
内容種別
(Type of subject)
質問者区分
(Category of questioner)
登録番号
(Registration number)
1000051701解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!