このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000224768
提供館
(Library)
広島県立図書館 (2110011)管理番号
(Control number)
広県図20140134
事例作成日
(Creation date)
20141106登録日時
(Registration date)
2017年11月15日 00時30分更新日時
(Last update)
2018年03月22日 15時10分
質問
(Question)
昭和36年に芸北の聖山で広島学院山岳部が遭難した事故があった。そのことについて記述した資料や新聞記事が見たい。
回答
(Answer)
『広島県スポーツ登山半世紀の歩み:広島県山岳連盟50周年記念誌』広島県山岳連盟/編,広島県山岳連盟,1992.11【自館請求記号:H78/ケサン92ア】
 p.94-96 遭難事故一覧表(新聞掲載分)
  p.94「36.12.30 [広島][芸北]聖山 広島学院15人パーティ」

『高体連40年の歩み:昭和40年~60年』広島県高等学校体育連盟「高体連40年の歩み」編集委員会/編,広島県高等学校体育連盟,1988.10【H78/ケコウ88ア】
 p.205-213 6 登山
  p.205「昭和38年度になって,学院山岳部遭難の悲劇の反省や,~」

『広島県高体連登山部報:登山部創設十周年記念特集号』広島県高体連登山部十周年記念誌編集委員会/編,1980.【H78/H73-2ア】
 p.6-45 第1部 登山部の歩み
  p.6「更に最も悲しいことに,この36年の暮も押し迫った12月30日に~」
 p.64-88 第4部 登山部加盟各校の歩み
  p.78-83 14 広島学院登山部
   p.80-83「(参考文献)当学院山岳部の冬山遭難についての報告書」
 p.89-98 第5部 回想
   p.97-98 高体連登山部の歩みとともに
    p.97「昭和36年12月29日 広島学院登山部一行13名は,~」
 p.120-128 沿革年表
  p.121「1961 12・30」

『山の人生60年恐羅漢の山里を訪ねて』瀬尾幸雄/著,かがわデザインスタジオ,2010.10【H78/セオユ110ア】
 p.128-139 芸北山地の遭難碑
  p.129-131 広島学院
  p.136-138 遭難事故一覧表(新聞掲載分)※『広島県スポーツ登山半世紀の歩み』に掲載の表と同一
  p.139に事故の新聞記事の切り抜きが掲載されている。

『峠 Vol.1 No.1-Vol.5 No.4(1959-1964)』広島山稜会/[編],1959~1964【H78/Ta89】
 3巻4号(1962.4) p.21 芸北の遭難から

『広島学院:創立十周年記念』広島学院/編,広島学院,1965.10【H37.1/H7323ア】
 巻頭写真
 p.85

『写真で見る広島学院のあゆみ』広島学院中・高等学校/編,広島学院中・高等学校,2000.09【H375/カクイ100ア】
 p.33
 p.34

『広島学院の半世紀 :広島学院創立50周年記念誌』広島学院中・高等学校/編集,広島学院中・高等学校,2006.05【H375.1/カクイ106ア】
 p.18-19
 p.20

関連の新聞記事
『中国新聞』昭和36年12月31日11面,昭和37年1月1日11面,昭和37年2月8日6面,昭和37年2月8日夕刊3面
『毎日新聞』昭和36年12月31日11面
『朝日新聞』昭和36年12月31日12面広島版,昭和37年1月11日12面広島版
回答プロセス
(Answering process)
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
戸外レクリエーション  (786)
参考資料
(Reference materials)
キーワード
(Keywords)
広島学院
聖山
登山
遭難
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
文献紹介
内容種別
(Type of subject)
郷土
質問者区分
(Category of questioner)
図書館
登録番号
(Registration number)
1000224768解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!