このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000253968
提供館
(Library)
茨城県立図書館 (2110017)管理番号
(Control number)
茨城-2018-155
事例作成日
(Creation date)
2018/10/26登録日時
(Registration date)
2019年03月27日 00時30分更新日時
(Last update)
2019年03月27日 15時46分
質問
(Question)
徳川斉昭が作った水戸八景の元になった中国の漢詩があるという。
その詩について知りたい。
回答
(Answer)
(1) 茨城県立歴史館の展示図録『幕末日本と徳川斉昭』を確認→p.51-53「水戸八景」にコラムあり。
p.51「中国の「瀟湘八景」で使われている語を用いたものが多い」
(参考)水戸八景=青柳夜雨・山寺晩鐘・太田落雁・村松晴嵐・水門帰帆・巌船夕照・広浦秋月・僊湖暮雪

(2) 「瀟湘八景」についての図書を確認
・『水墨画・墨蹟の魅力』 p.116-121「瀟湘八景」(板倉聖哲/著)
p.116-117
「瀟湘」・・・中国・湖南省の洞庭湖とその南にある瀟水・湘水の流域を指し,文人墨客の訪れる景勝地としても有名
「瀟湘八景」の枠組み自体は,北宋・宋迪(そうてき)が八景図を描いたことが創始とされるが,八景の題名は後から名づけられたという説が南宋時代からあり。
北宋の沈括(しんかつ)の『夢渓筆談』巻17に,宋迪の八景について記述がある。
覚範慧洪(かくはんえこう)が,宋迪の「瀟湘八景図」を無声の詩と見なして詩作を行い,有声の画としたのを契機。

「夢渓筆談」巻17→『夢渓筆談 2』(東洋文庫)p.150-151
「平沙落雁 遠浦帰帆 山市晴嵐 江天暮雪 洞庭秋月 瀟湘夜雨 煙寺晩鐘 漁村落照」を宋迪が得意とした画題として挙げている。

・『瀟湘八景』
p.3-12に,「瀟湘」「八景」「中国における成立」「中国における展開」の解説あり。
日本での展開について,詳細に解説されている図書。
回答プロセス
(Answering process)
回答のとおり
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
中国文学  (920 9版)
日本画  (721 9版)
関東地方  (213 9版)
参考資料
(Reference materials)
幕末日本と徳川斉昭茨城県立歴史館/編集茨城県立歴史館
水墨画・墨蹟の魅力正木美術館/編吉川弘文館
瀟湘八景堀川 貴司(1962~)/著臨川書店
夢渓筆談2沈 括/撰平凡社
キーワード
(Keywords)
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
事実調査
内容種別
(Type of subject)
郷土,言葉
質問者区分
(Category of questioner)
社会人
登録番号
(Registration number)
1000253968解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!