このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000154010
提供館
(Library)
香川県立図書館 (2110006)管理番号
(Control number)
16323
事例作成日
(Creation date)
2014/5/30登録日時
(Registration date)
2014年06月05日 15時04分更新日時
(Last update)
2018年03月08日 11時46分
質問
(Question)
サワラのからすみが讃岐の庶民に親しまれていたことが判る記述のある資料はあるか。なければ、からすみが庶民に親しまれていたことが判る資料は?
回答
(Answer)
①香川県漁業史 通史(K6602/K7/1-1)

  ※1275頁
    「豊島ではサーラブリ(さわらずし)を作る。真子はソラ豆やフキと煮付けにし、白子は味噌汁にする。また卵巣を乾かしてカラスミにする。」

②江戸時代人づくり風土記37香川(K2100/S8)

  ※索引に「からすみ」「さわら」なし。
   347頁江戸時代香川の物産一覧の「阿野郡北 瀬島」の欄に「鰆、鰆子の唐墨」とだけあり。

③聞き書 香川の食事(K5960/N3)

  ※索引に「からすみ」なし。さわら料理は「さわらずし」87頁のみ。

    本項にさわらを使用したその他の料理としては刺身、焼きもの、いりつけ、白子の味噌汁、真子のいりつけ、ほぐし身とさやえんどうの味噌あえが紹介されている。

④さぬきの味(K5900/S3)

   ※1、98頁 さわら料理として押抜き寿司、真子と新豆の煮付

⑤ふるさとの味香川の食文化(K5960/S8/2)

   ※74頁「からすみ」の項あり
    「香川県では江戸時代から加工されており、高松藩の名産物とし将軍家へ献上されていたようである。最近、瀬戸内海の鰆の漁獲量は減少しており、また、手間がかかり手づくりによらなければつくれないからすみは
ますます高価な珍味となっている」とある。そのほかに鰆のからすみの作り方の記載もあり。」


⑥食は讃洲に在り(K5960/S1/4)

  ※82頁 「からすみ」の項

⑦新香西記(K2310/K1/2)

  ※132頁 毎年松平家より将軍に献上の記述あり。

上記①‐⑦では、
からすみが庶民に親しまれていることは読み取れないと思われる。
回答プロセス
(Answering process)
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
水産業  (660)
食品工業  (588)
参考資料
(Reference materials)
キーワード
(Keywords)
さわら
珍味
香川県
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
文献紹介
内容種別
(Type of subject)
郷土
質問者区分
(Category of questioner)
登録番号
(Registration number)
1000154010解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!