このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000154183
提供館
(Library)
鳥取県立図書館 (2110007)管理番号
(Control number)
鳥県図20140010
事例作成日
(Creation date)
2014/6/11登録日時
(Registration date)
2014年06月11日 15時18分更新日時
(Last update)
2016年06月24日 12時34分
質問
(Question)
抹茶の消費量・消費動向を知りたい。
回答
(Answer)
発見できず。緑茶ならばあり。
回答プロセス
(Answering process)
レファレンス協同データベースに抹茶の生産量に関する事例あり。
農林水産省統計、業界団体等でも統計見当たらず。
参考情報として抹茶の生産量、緑茶の消費量・消費動向に関する情報を提供。
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
生活.消費者問題  (365)
食品工業  (588)
工芸作物  (617)
参考資料
(Reference materials)
●緑色の粉に見る日本の「ものづくり」の原点日本人と「抹茶愛」(後篇)
http://jbpress.ismedia.jp/articles/-/23382?page=2
伊藤園中央研究所食品科学研究室の沢村信一室長によると「抹茶には業界がないため、加工用の消費量についてのまとまったデータはないのですが、・・・」
この記述からデータそのものがないことが考えられます。
●農林水産統計(平成26年2月13日公表)平成25年産茶生産量等(主産県)
http://www.maff.go.jp/j/tokei/kouhyou/sakumotu/sakkyou_kome/pdf/syukaku_tya_13.pdf
生産量に関する統計です。
*玉露、かぶせ茶及びてん茶の合計が「おおい茶」となっています。
●農林水産省作物統計調査 茶-荒茶生産量
http://www.e-stat.go.jp/SG1/estat/eStatTopPortal.do にて
「作物統計調査 てん茶」でキーワード検索→作物統計調査【57】をクリック
てん茶の生産量の推移(昭和1年~平成20年)が確認できます。
●総務省 家計調査 家計収支編 二人以上の世帯 年報 年次 2012年
食料「調理食品」~「飲料」
http://www.e-stat.go.jp/SG1/estat/GL08020103.do?_toGL08020103_&listID=000001111153&requestSender=dsearch
飲料に緑茶があり、消費の推移が確認できます。
●農林水産省 茶をめぐる情勢(平成25年9月)
http://www.maff.go.jp/j/seisan/tokusan/cha/pdf/chameguji2509.pdf
●全国茶生産団体連合会 全国茶生産団体連合会 茶の生産と流通
http://www.zennoh.or.jp/bu/nousan/tea/seisan01a.htm
緑茶の生産量・需給状況が確認できます。
●公益社団法人日本茶業中央会 緑茶の需要情報
http://www.nihon-cha.or.jp/news2014-3.html
緑茶の生産量・需給状況が確認できます。
●平成17年度食料品消費モニター第2回定期調査結果
http://www.maff.go.jp/j/heya/h_moniter/pdf/h1702.pdf
無糖系飲料・健康茶大全 : 消費者にわかりやすい差別化提案が、需要拡大の鍵 2013. 戦略企画, 2013.
http://iss.ndl.go.jp/books/R100000001-I050438003-00
キーワード
(Keywords)
消費
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
インターネット参照日:2014/5/6
調査種別
(Type of search)
文献紹介 事実調査
内容種別
(Type of subject)
質問者区分
(Category of questioner)
社会人
登録番号
(Registration number)
1000154183解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
未解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!