このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000221755
提供館
(Library)
島根県立図書館 (2110035)管理番号
(Control number)
島根参2017-02-002
事例作成日
(Creation date)
2017/2/17登録日時
(Registration date)
2017年09月10日 14時58分更新日時
(Last update)
2019年01月16日 09時37分
質問
(Question)
子どもの声について調べています。成長にともなう声帯の長さの変化を年齢ごとに示したデータはありますか。
回答
(Answer)
(1)NDC分類「491.3」呼吸に関する資料、「767.1」発声法・歌唱法に関する資料を調査。『声の科学』(音楽之友社)、『声のなんでも小事典』(講談社)、『声の不思議百科』(丸善)、『プリマドンナの声帯』(朝日新聞社)などを見るが、該当の記載なし。


(2)「491.1」解剖学、「493.9」小児科学、「496.5」耳鼻咽喉科学の資料を調査。『ぜんぶわかる人体解剖学』(成美堂出版)、『すべてわかる人体解剖図』(日本文芸社)、『乳幼児身体発育値 平成22年乳幼児身体発育調査報告書』(母子保健事業団)、『子どもの発音とことばのハンドブック』(芽ばえ社)など →該当の記載なし。


(3)「子ども」「声帯」「長さ」などをキーワードにインターネット検索。子どもの年齢別声帯長の記載がある以下の資料を紹介した。

<静岡大学学術リポジトリ> https://shizuoka.repo.nii.ac.jp/

『静岡大学教育学部研究報告 教科教育学篇  第36号』2005.3
   https://shizuoka.repo.nii.ac.jp/?action=pages_view_main&active_action=repository_view_main_item_detail&item_id=152&item_no=1&page_id=13&block_id=21 (最終確認2019/1/9)
 p225~236「乳・幼児の歌唱能力の発達に関する一考察Ⅱ~発声調査の分析を通して(1)~」武田道子・加藤明代
  p225 日本人年齢別性別声帯長(2,7,16,成人)
   
<Ciniiオープンアクセス> https://ci.nii.ac.jp/

『甲子園短期大学紀要 No .18(1999)』
 p55~63「保育者養成における発声指導について 白井 淑子」
   http://ci.nii.ac.jp/els/contents110000978911.pdf?id=ART0001153987 (最終確認2019/1/9)
  p55・・・(前略)・・・音源そのものである声帯の形態は、出生時では約2ミリの長さで、成長とともに長くなり、成人男子で約2センチ、幅、厚さがそれぞれ3ミリで女子はやや小さい。幼児期では3ミリ程度のものが5才頃で4~5ミリ、7~8 才で5~6ミリと成長とともに延びて17~18才でようやく成人の声帯の形態に発育する。・・・  
 ※引用文献:米山文明『声と日本人』p45 平凡社(1998),田中美郷『聴覚・発声器官の発達(子どもと音楽②)』p53 同朋社(1987)
  
<国会図書館デジタルコレクション> http://dl.ndl.go.jp/

『日本人人体正常数値表』 簑島高 編 技報堂 1958  ※国立国会図書館/図書館送信限定
 p207 11.発声 「声帯の長さ」 男・女 年令 7,8,9,10,11,12,13,14,15,16,17,18 
     (藤田馨一:耳鼻咽会報47 1748,昭16、方法:自作深部測定器)

<J-Stage> https://www.jstage.jst.go.jp/browse/-char/ja
 
『大日本耳鼻咽喉科會會報 Vol. 50 (1944) No. 5』
  https://www.jstage.jst.go.jp/article/jibiinkoka1897/50/5/50_5_470/_pdf (最終確認2019/1/9)
 p470-492 「日本人ノ聲帶長ニ關スル研究 藤田馨一」
  p483 第二節 聲帶長ノ年齢的変化 「第七表 男・女 7,8,9,10,11,12,13,14,15,16,17,18才」
回答プロセス
(Answering process)
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
基礎医学  (491 8版)
家族問題.男性.女性問題.老人問題  (367 8版)
声楽  (767)
参考資料
(Reference materials)
キーワード
(Keywords)
発育
幼児
発声
声帯
咽頭
児童
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
文献紹介
内容種別
(Type of subject)
質問者区分
(Category of questioner)
図書館
登録番号
(Registration number)
1000221755解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!