このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000028617
提供館
(Library)
埼玉県立久喜図書館 (2110009)管理番号
(Control number)
埼久-2005-098
事例作成日
(Creation date)
2005/11/10登録日時
(Registration date)
2006年05月12日 02時10分更新日時
(Last update)
2008年03月17日 13時11分
質問
(Question)
人が機器(電子顕微鏡など)を使用して見ることのできる物質の大きさ(極小)の限界はどのくらいか。メートルで教えてほしい。
回答
(Answer)
所蔵資料に以下のような記述あり。
①外村彰「電子顕微鏡で量子の世界を見る」(『別冊日経サイエンス 2003.9』)
「100万ボルト(1MV)ホログラフィー電子顕微鏡」(中略)結晶中の原子は最小2Å[オングストローム](1Åは100億分の1m)というきわめて微小な間隔で並んでいるが、この装置は0.5Å以下の精度で結晶格子を観察できる。」
②「電子の波でみる〈ピコメートルの世界〉100万ボルト・ホログラフィー電子顕微鏡の威力」(『Newton 2003.8』)「これは2003年現在の世界最高分解能49.8ピコメートルを誇っている。0.498Å=49.8ピコメートル」
③『電顕入門ガイドブック』
p1 「分解能とは見分けることのできる2点間の最小距離のことで、(中略)電子顕微鏡は・・・分解能は0.1nm(ナノメートル)に達する。」
p184の「換算表」から1Å=(10の-1乗)nm=(10の-10乗)mであることがわかる。
回答プロセス
(Answering process)
電子顕微鏡やナノテクノロジー関係の資料、および〈電子顕微鏡〉をキーワードに雑誌記事索引にあたった。
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
電子工学  (549 9版)
特種目録  (027 9版)
物理学  (420 9版)
参考資料
(Reference materials)
『電顕入門ガイドブック』(学会出版センター 2004)
外村彰「電子顕微鏡で量子の世界を見る」(『別冊日経サイエンス 2003.9』)
「電子の波でみる〈ピコメートルの世界〉100万ボルト・ホログラフィー電子顕微鏡の威力」(『Newton 2003.8』)
キーワード
(Keywords)
電子顕微鏡
雑誌記事索引
単位-メートル
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
事実調査
内容種別
(Type of subject)
質問者区分
(Category of questioner)
個人
登録番号
(Registration number)
1000028617解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!