このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000039884
提供館
(Library)
埼玉県立久喜図書館 (2110009)管理番号
(Control number)
埼熊-2007-045
事例作成日
(Creation date)
2007/08/10登録日時
(Registration date)
2007年12月01日 02時11分更新日時
(Last update)
2007年12月28日 13時00分
質問
(Question)
酒田湊の豪商「加賀屋 二木与助」について次の事柄を調べてほしい。二木家は幕末から明治維新の頃に教育に熱心であったが「学校」を設立しているか、その場合現在でも存続しているのか教えてほしい。
回答
(Answer)
「新編庄内人名辞典」(1986:山形県図所蔵)より、二木与助の養子である二木栄松が、明治6年(1873)酒田で最初の女子小学校「操松学校」創設の際、自宅を校舎に開放。女子教育者小川宮子が運営にあたり、栄松は船場町に開設された漸進学校の教師となった旨の記述あり。
操松学校は明治12年廃校。

関係資料は次のとおり。
①「新編庄内人名辞典」(1986;山形県図所蔵)の「二木栄松(ふたきえいしょう 1853-1888)」の項
②「山形県教育史資料 統計篇 1」(山形県図所蔵)の「学事年報」の項
 明治9年の年報に〈操松学校〉明治8年設立、民家借用とあり、明治11年まで情報があるが、明治12年からの年報には記載なし。
③「山形県教育史 通史編1」(山形県図所蔵)には明治6年までは庄内地方には1校も開校なしと記述がある。
 資料①②で創立年に相違があるが、当時酒田県では領府された学制は翌年3月までは県民に知らされずと記述あり。
回答プロセス
(Answering process)
『山形県史 4』p143-144「諸学校の新しい動き」の項に、酒田民政局が設けた学而館(郷学校)の記述があるが、二木家との関連なし。
《Google》を検索。二木与助の養子二木栄松(1853-1888)が、明治6年(1873)酒田ではじめての女子小学校〈操松学校〉創設の際、自宅を校舎に開放した(典拠資料「庄内人名辞典」)との記述が見つかった。
また〈小川宮子〉関係のWebサイトに操松学校は明治12年廃校とあるが、資料による確認ができず。
山形県立図書館に問い合わせを行い、回答の資料情報を得た。
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
個人伝記  (289 9版)
教育史.事情  (372 9版)
商業史.事情  (672 9版)
参考資料
(Reference materials)
「新編庄内人名辞典」(1986:山形県図蔵)
「山形県教育史資料 統計篇1」(山形県図蔵)
「山形県教育史 通史編 1」(山形県図蔵)
キーワード
(Keywords)
二木 与助(フタキ ヨスケ)
二木 栄松(フタキ エイショウ)
酒田-山形県-歴史
商人
小学校-教育史 
照会先
(Institution or person inquired for advice)
山形県立図書館
寄与者
(Contributor)
山形県立図書館
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
事実調査
内容種別
(Type of subject)
人物
質問者区分
(Category of questioner)
個人
登録番号
(Registration number)
1000039884解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!