このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000192245
提供館
(Library)
兵庫県立図書館 (2110027)管理番号
(Control number)
00190
事例作成日
(Creation date)
2012/11/27登録日時
(Registration date)
2016年05月15日 14時48分更新日時
(Last update)
2016年11月23日 14時52分
質問
(Question)
1947年9月にダグラス・マッカーサーが6か月以内に占領軍を20万人規模にまで縮小できるという声明をだしたそうだが、当時(1947年9月またはそのあたり)、占領軍は何万人いたのか。
回答
(Answer)
①『実録日本占領 GHQ日本改造の七年』学研 2005 (兵庫県立図書館請求記号210.76/185)
p69 に、「終戦直後に40万を数えた進駐軍は、翌(昭和)21年には約20万、22年になると12万(後略)」とあり。

②『鷲の翼の下で 占領下日本 1945‐47』J・C・ペリー著 筑摩書房 1982(210.76/23)
p62 に、「1945年9月頃(中略)同月中旬、マッカーサー元帥は日本駐留のアメリカ軍兵員を六ヵ月以内に20万人に減らすと発表した。」
     「1946年2月までにマッカーサーの発表した目標通りに減らされることになった。」

②より、占領軍の規模縮小に関する発表は1945年のことと思われる。
①より1947年ごろの人数は約12万人、マッカーサーの発言時の人数は約40万人。
回答プロセス
(Answering process)
その他調査済み資料
『GHQ日本占領史 1、2、別巻』(329.6/71/1,2,56)
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
日本史  (210)
参考資料
(Reference materials)
①実録日本占領 : GHQ日本改造の七年. 学習研究社, 2005. (歴史群像シリーズ ; 79号)
http://iss.ndl.go.jp/books/R100000002-I000007880977-00 , ISBN 4056040591
②J・C・ペリー/著 , 国本 義郎/訳 , J・C・ペリー , 国本‖義郎. 鷲の翼の下で : 占領下日本 1945‐47. 筑摩書房, 1982.
http://iss.ndl.go.jp/books/R100000001-I004323553-00
キーワード
(Keywords)
マッカーサー
進駐軍
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
事実調査
内容種別
(Type of subject)
質問者区分
(Category of questioner)
登録番号
(Registration number)
1000192245解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!