このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000037687
提供館
(Library)
埼玉県立久喜図書館 (2110009)管理番号
(Control number)
埼浦-2007-056
事例作成日
(Creation date)
2007/06/20登録日時
(Registration date)
2007年09月21日 02時12分更新日時
(Last update)
2007年10月03日 16時03分
質問
(Question)
明治時代初期に埼玉県内で一般的に食べられていた納豆は、どのような種類か。
回答
(Answer)
明確な記述のある文献は確認できず。関連記述のある文献を回答プロセスに挙げるが、すべて「糸引き納豆」に関する記述で、「塩辛納豆」についての記述はなし。
※回答プロセスの文献から推測すると、「糸引き納豆」については、ほぼ自家製で消費され、都市部では専業業者も現れていたようだが、「塩辛納豆」についてはわからなかった。
回答プロセス
(Answering process)
関連記述のある文献
『納豆沿革史』(全国納豆協同組合連合会 1975)p191-192に「納豆風土記-埼玉の土竃(へっつい)納豆」として、味噌豆を煮た土竃の余熱で作る製法の説明が、p213・219に埼玉の郷土納豆の製造法として「ヘッツイ納豆」、「逆桶納豆」が図入りで紹介されている。いずれも大豆を藁苞に詰めて発酵させる製法。p49-50には、江戸末から明治の状況として下記の記述あり。
・江戸時代の江戸ではザルで作ったザル納豆の行商が中心
・明治3年栃木県大田原の笹沼某が東京で藁苞(ワラツト)につめた苞納豆を売り出した
・明治になってザル納豆の行商は廃れ、藁苞につめた苞納豆が普及
・藁苞納豆はかなり昔から東北、九州、京都、関東で作られていた
・明治32年には東京に専門業者4人で月産5石、苞約1万5千本を出荷
『納豆大全!』(小学館 1997)p68には、上記「明治3年~」の記述の出典となったと思われる「宮藁雑記」(国会図)所収の「納豆考」の引用が掲載されている。
インターネット情報
ひしや納豆(行田市)のPDFファイル( http://www.plus-kun.com/html/shinsou/hishiya.pdf  ひしや納豆  2007/06/20最終確認)
「明治9年に埼玉県内では一番に納豆の製造を始めた」との記述あり。
その他納豆に触れられてはいたが、該当の記述がなかった資料
『新編埼玉県史 別編1 民俗1』p267「豆腐」の項
『聞き書埼玉の食事』p164-165、p252に半農半商と商家の事例はあるが、自家製造の記述なし。
『納豆 原料大豆の選び方から販売戦略まで』(農山漁村文化協会 2002)p28 納豆の沿革史。
『大豆から納豆へ』p152 納豆の沿革史。
『事物起源辞典 衣食住編』(東京堂出版 1983)p287「納豆」に関する記述。
『古事類苑 39 飲食部』(吉川弘文館 1971)p871-874「納豆」に関する記述。
『埼玉事始』『事物起源選集 2 明治事物起原』(クレス出版 2004)『「明治」を知る本』『明治・大正家庭史年表 1868-1925』『明治考証事典』『明治世相編年辞典』『ビジュアル・ワイド 明治時代館』
また、埼玉資料の雑誌記事索引『埼玉雑索』〈納豆〉では該当なし。
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
農産物製造.加工  (619 9版)
食品.料理  (596 9版)
日本史  (210 9版)
参考資料
(Reference materials)
『納豆沿革史』(全国納豆協同組合連合会 1975)
『納豆大全!』(小学館 1997)
キーワード
(Keywords)
納豆-埼玉県
明治時代
食生活-歴史 
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
事実調査
内容種別
(Type of subject)
郷土
質問者区分
(Category of questioner)
その他
登録番号
(Registration number)
1000037687解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!