このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000112132
提供館
(Library)
横浜市中央図書館 (2210008)管理番号
(Control number)
横浜市中央1983
事例作成日
(Creation date)
2012/02/27登録日時
(Registration date)
2012年10月05日 02時01分更新日時
(Last update)
2012年10月05日 02時01分
質問
(Question)
神奈川県にあった、コジュケイ(小綬鶏・小寿鶏、朝鮮きじともいう)という鳥の猟区について、
調べています。
回答
(Answer)
1 『神奈川県百科事典』 神奈川県百科事典刊行会/編 大和書房 1983年刊
  p.336「コジュケイ」の項目に、以下の記述がありました。

  「1931年(昭和6)10月に、都築郡二俣村に、さらにひきつづいて、鎌倉郡永野村に、
   それぞれ日本最初のコジュケイ専用猟区がオープンした。」

2 「神奈川県立生命の星・地球博物館」( http://nh.kanagawa-museum.jp/ )の
  Webサイトに以下の記述がありました。

  ●「自然科学のとびら」 Vol.9, No.2  神奈川県立生命の星・地球博物館
    2003年6月
     http://nh.kanagawa-museum.jp/tobira/9-2/kawakami.html

    「1932年10月3日の都新聞(現在の東京新聞)には、コジュケイに関して、
    「期待される新ゲーム」「今年は繁殖も良好」「肉は鶉よりも美味」などという文字が
    踊っています。記事によると、神奈川県二俣川村(現在の横浜市旭区)と
    長野村(現在の場所は不明)の村営猟区では、「棲息数は到底計算することの
    出来ぬ程夥しい数」いるとのことですから、放鳥されてからの十数年間で爆発的に
    増加したことが伺われます。」

    1932年10月3日の都新聞は、当館のマイクロフィルムで閲覧が可能です。
回答プロセス
(Answering process)
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
日本  (291 8版)
鳥類  (488 8版)
参考資料
(Reference materials)
キーワード
(Keywords)
外来鳥
帰化動物
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
内容種別
(Type of subject)
郷土
質問者区分
(Category of questioner)
登録番号
(Registration number)
1000112132解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!