このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000148703
提供館
(Library)
埼玉県立久喜図書館 (2110009)管理番号
(Control number)
埼熊-2013-101
事例作成日
(Creation date)
2013年08月31日登録日時
(Registration date)
2014年01月30日 17時47分更新日時
(Last update)
2014年05月02日 13時35分
質問
(Question)
ABC級戦犯の区別について知りたい。
回答
(Answer)
以下の資料に規定(程)があり、これを提供した。

『GHQ日本占領史 5 BC級戦争犯罪裁判』(天川晃〔ほか〕編集 日本図書センター 1996)
 p72-73「2.戦争犯罪の階級(クラス)」に、戦争犯罪被告人裁判規程による(a)(b)(c)三つの階級あり。
 p203-210「付録2-1 GHQ/SCAP「戦争犯罪被告人裁判規程」(1945年12月5日)に該当の記述あり。
『日本外交主要文書・年表 1 明治百年史叢書 323』(鹿島平和研究所編 原書房 1983)
 p96-99「14 極東国際軍事裁判所条例」(1946年1月19日)に、イロハで表現された規定あり。
回答プロセス
(Answering process)
1 参考図書等を調べる
以下の辞典に関連する項目あり。

『世界大百科事典 2005年改訂版 16』(平凡社 2005)
 p182-183「戦犯」
『国史大辞典 8』(吉川弘文館 1987)
 p448「戦争犯罪人」
『日本史大事典 4』(平凡社 1993)
 p326-327「戦犯」
『戦後史大事典 1945-2004』(佐々木毅〔ほか〕編 三省堂 2005)
 p62「A級戦犯」
『別冊歴史読本 23号 A級戦犯 戦勝国は日本をいかに裁いたか』(新人物往来社 2005)
 p14に「容疑者」を含めた区別についての記述あり。

2 外交関係から調べる
回答欄にある資料に記述があった。
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
日本史  (210 9版)
国際法  (329 9版)
参考資料
(Reference materials)
『GHQ日本占領史 5 BC級戦争犯罪裁判』(天川晃編集 日本図書センター 1996)
『日本外交主要文書・年表 1 明治百年史叢書 323』(鹿島平和研究所編 原書房 1983)
キーワード
(Keywords)
戦争犯罪人
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
事実調査
内容種別
(Type of subject)
質問者区分
(Category of questioner)
個人
登録番号
(Registration number)
1000148703解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!