このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000035078
提供館
(Library)
埼玉県立久喜図書館 (2110009)管理番号
(Control number)
埼浦-2006-252
事例作成日
(Creation date)
2006/09/21登録日時
(Registration date)
2007年05月25日 02時10分更新日時
(Last update)
2008年12月27日 14時33分
質問
(Question)
『吉野作造選集 14 日記』のp327にある、改造社の肝いりで大正12年9月23日に結成した「二十三日会」のメンバーで該当箇所に挙げられた人物のうち、姓しかわからない次の3人のフルネームを知りたい。
①末弘○○、②中野○○、③堀江○○、他のメンバーでわかっているのは徳田徳三、渡辺鉄三、下村宏。
回答
(Answer)
「政府・戒厳令関係資料」(県内公共図蔵)に「震災に関する県議請願」中に二十三日会の請願が掲載されていて、その末尾に二十三日会会員の氏名あり。それによると質問の3者は、堀江帰一、中野正剛、末弘嚴太郎である
『20世紀日本人名事典』にて確認。上記3名とも項目あり。読みはホリエ キイチ、ナカノ セイゴウ、スエヒロ イズタロウ
以上を回答する。
《NDL-OPAC》を著者名検索。読み方は上記と同様。
回答プロセス
(Answering process)
『吉野作造選集 14』を調査、該当箇所の確認。解説(p393-415)を見るが、下村宏の名前のみで、他はなし。
『国史大辞典 15 事項索引』に〈二十三日会〉の項目なし。
『国史大辞典 15 人名索引』から徳田、渡辺、下村の項目を調査するが、関連する記述なし。
『日本近代文学大事典』を上記3名、及び〈二十三日会〉で調査するが手がかりなし。
《ブックコンテンツ》を〈二十三日会〉で調査するが手がかりなし。
『吉野作造選集 別巻 書簡・年譜・著作年表ほか』を調査、年譜p97に二十三日会について記述あり。堀江帰一の名がある。
《NDL-OPAC(雑索)》及び《BOOKPLUS》を〈二十三日会〉で調査するが手がかりなし。
『中国・朝鮮論』「朝鮮人虐殺事件に就て(1923)」に二十三日会について記述なし。年譜・解説にも手がかりなし。
《Google》を〈吉野作造 & 中野〉で検索したところ一橋大学大学院社会学研究科・加藤哲郎氏の論文内に「末弘嚴太郎(スエヒロ イズタロウ)」の名あり。
《Google》を〈吉野作造 & 中野〉で検索したところ吉野作造記念館だより9号に紹介されている「佐々木平太郎日記」に吉野作造、中野正剛の名あり。
《レファレンス情報システム》を〈二十三日会〉で検索したところ次の2点がヒットする。
①「日本社会労働運動資料集成」(マイクロフィルム)(国会図蔵)
②「政府・戒厳令関係資料」
②を取り寄せて調査したところ回答の記述を得る。
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
日本史  (210 9版)
個人伝記  (289 9版)
団体  (060 9版)
参考資料
(Reference materials)
「政府・戒厳令関係資料」(県内公共図蔵)
『20世紀日本人名事典 あ~せ、そ~わ』(日外アソシエーツ 2004)
キーワード
(Keywords)
二十三日会
吉野 作造(ヨシノ サクゾウ)
人名-団体
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
事実調査
内容種別
(Type of subject)
人物
質問者区分
(Category of questioner)
個人
登録番号
(Registration number)
1000035078解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!