このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000231314
提供館
(Library)
由利本荘市中央図書館 (2310171)管理番号
(Control number)
000000000000016
事例作成日
(Creation date)
2016.12.6登録日時
(Registration date)
2018年02月25日 15時17分更新日時
(Last update)
2018年02月25日 16時25分
質問
(Question)
依頼者所有の書軸について質問(3つあり)
①「大隆寺」の所在地と宗派 ②吴道子とは ③臣 石川剛とは
回答
(Answer)
①・「大隆寺」と「円照寺」が合併し「大正寺」に
 ・北九州市八幡東区東台良町19-1
 ・臨済宗
②・盛唐の画家「呉道子」
③・石川 剛(ゴウ)または 石川彦岳〈ゲンガク)  1746(延享3年)。-1815(文化12)
  豊前(ぶぜん)小倉( 福岡県)藩士で儒教者
回答プロセス
(Answering process)
①・インターネットで「大隆寺」を検索 → 九州の大正寺のHPに合併等の説明の記述あり
 ・『全国寺院名鑑  中国・四国・九州・沖縄・海外編』P165に記載、この本により住所と宗派を特定
②・「吴」の字は「呉」の俗字である(『大漢和辞典巻二』P1981より)
 ・「呉道子」の項目が『ブリタニカ国際大百科事典 7』P382にあり
③・書軸に書かれていた名(PCで入力不可)の字は「剛」の俗字と判明。『大漢和辞典 巻二』P1385より。
 ・「石川剛」を『人物レファレンス事典  古代・中世・近世編』で調べたところ、P186に「石川剛(石川彦岳)」の項目あり
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
寺院.僧職  (185 9版)
辞典  (813 9版)
伝記  (280 9版)
参考資料
(Reference materials)
キーワード
(Keywords)
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
内容種別
(Type of subject)
質問者区分
(Category of questioner)
登録番号
(Registration number)
1000231314解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!