このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000261637
提供館
(Library)
成田市立図書館 (2310029)管理番号
(Control number)
DR20181000300
事例作成日
(Creation date)
2018/11/03登録日時
(Registration date)
2019年09月21日 00時30分更新日時
(Last update)
2019年09月21日 00時30分
質問
(Question)
今の成田湯川駅付近にあった、千把ヶ池(せんばがいけ)の載っている地図はあるか。また、この池が写っている写真はあるか。質問者によれば、池は昭和30年代まであったとのこと。
回答
(Answer)
WEB上の「歴史的農業環境閲覧システム」の「比較地図」で、明治10年代に作成された「迅速測図」と同じ場所の現在の地図を並べて調べた。成田湯川駅の南方の成田北高校のグランドとその西側の住宅地にかけて、千把ヶ池があったことが示されている。『成田市の名所・遺跡・文化財』のp.60-p.70に「千把ヶ池」の項目がある。p.70に池の写真が載っており、この池にまつわる伝説が解説されている。『歳月の忘れもの』p.53に「千把ヶ池とお地蔵さま」の項目があり、「水鳥の安らぎの場となっていた千把ヶ池」と題する写真が載っている。
回答プロセス
(Answering process)
『明治前期関東平野地誌図集成』の「47 成田」で、今の成田湯川駅がある場所付近に池のような地形があるが、縮尺が1/25,000であるためはっきりしない。そこで、「迅速測図」を拡大して見ることができ、さらに、現在の地図との比較ができるWEB上の「歴史的農業環境閲覧システム」を使って探した。千把ヶ池の写真は、池があったのが昭和30年代までとのことなので、その年代以前に発行された成田の案内書を探した。
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
関東地方  (213 9版)
参考資料
(Reference materials)
『成田市の名所・遺跡・文化財』 大野 政治 二荒書店 1955 291
『歳月の忘れもの』 成田市 1994.11 213.5
歴史的農業環境閲覧システム https://habs.dc.affrc.go.jp/ (2018/11/3)
キーワード
(Keywords)
千把ヶ池
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
文献調査
内容種別
(Type of subject)
地域(成田)
質問者区分
(Category of questioner)
一般
登録番号
(Registration number)
1000261637解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!