このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000259805
提供館
(Library)
京都府立京都学・歴彩館 (2110022)管理番号
(Control number)
京歴-447
事例作成日
(Creation date)
2018年09月14日登録日時
(Registration date)
2019年08月05日 13時38分更新日時
(Last update)
2019年08月05日 14時34分
質問
(Question)
和気清麻呂の姉「広虫姫」の髪型や服がわかる絵や写真はないか。前・後・横からも見たい。時代考証されたものがよく、出家前の姿がよい。
回答
(Answer)
『時代装束:時代祭資料集成』(①)pp.166-169に「和気広虫」の項目があり、pp.166-167に官職を辞した後の晩年の平服姿を前・後・横から写したカラー写真とイラスト(白黒)が掲載されている。この写真は時代祭の考証委員であった江馬務、猪熊兼繁、吉川観方の指導のもと、着装のうえ撮影されたものである。
なお、『和気清麻呂公と護王神社』(②)pp.19-24「姉広虫の功績」の章によると和気広虫は夫の死後に出家したが、のちに還俗している。出家の際も官職に就いていた。

『和気清麻呂公と護王神社』(②)の巻頭に、勝田哲「広虫姫子育図」がカラーで掲載されているが、尼僧姿で描かれている。pp.103-114に絵本「和気清麻呂」が掲載されており、子供時代、尼僧姿、配流先の広島での姿(尼僧姿でないもの)が描かれている。

『和気清麻呂公の絵像集成』(③)では、明治期や第二次大戦中の伝記絵、戦後の歴史漫画の中で描かれる和気広虫の姿を紹介しているが、いずれも白黒。

以下の④⑤⑥には、和気広虫について言及はないが、奈良時代や平安時代初期の衣装の写真等を掲載している。

『原色日本服飾史』(④)pp.28-29に養老の衣服令による命婦礼服(女官の礼服)の前・後からのカラー写真。pp.44-45には平安初期の女官朝服の前・後ろからのカラー写真を掲載。

『写真でみる日本の女性風俗史:京都染織まつり記念図録』(⑤)pp.22-31に奈良時代の宮女の衣装のカラー写真が掲載されている。

『日本髪大全:古代から現代まで髪型の歴史と結い方がわかる』(⑥)pp.66-69には、古墳時代~奈良時代の髪型についての解説があり、カラー写真も掲載されている。
回答プロセス
(Answering process)
時代祭の行列に和気広虫の衣装も出ていると思い、①を確認した。
和気清麻呂と姉の和気広虫を主祭神としている護王神社の資料②③を調べた。
服飾(日本十進分類(NDC)383.1)の棚から④⑤を、髪型(日本十進分類(NDC)383.5)の棚から⑥を見つけた。
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
衣住食の習俗  (383)
参考資料
(Reference materials)
① 時代装束:時代祭資料集成.京都書院,1995. (当館請求記号:K1||386.162||J48||)
② 所功著.和気清麻呂公と護王神社.護王神社,2006. (当館請求記号:K111||289.1||W29||)
③ 所功編著.和気清麻呂公の絵像集成.護王神社,1993. (当館請求記号:K1||289.1||W29||)
④ 井筒雅風著.原色日本服飾史.光琳社出版,1982. (当館請求記号:Y||383.1||030914||)
⑤ 切畑健,市田ひろみ著.写真でみる日本の女性風俗史:京都染織まつり記念図録.京都書院,1985. (当館請求記号:K1||383.15||Ki53||)
⑥ 田中圭子著.日本髪大全:古代から現代まで髪型の歴史と結い方がわかる.誠文堂新光社,2016. (当館請求記号:||383.5||Ta84||)
キーワード
(Keywords)
和気広虫
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
事実調査
内容種別
(Type of subject)
郷土
質問者区分
(Category of questioner)
社会人
登録番号
(Registration number)
1000259805解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!