このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000259801
提供館
(Library)
京都府立京都学・歴彩館 (2110022)管理番号
(Control number)
京歴-443
事例作成日
(Creation date)
2018年09月08日登録日時
(Registration date)
2019年08月05日 13時10分更新日時
(Last update)
2019年08月05日 14時34分
質問
(Question)
かつて京都府南丹市園部町にあった戦災孤児収容施設「園部寮(園部学園)」についての資料はないか?
回答
(Answer)
『戦争と南丹市:世代をこえて、伝えるメッセージ』(①)pp.37-38で京都府園部寮の歴史について概説している。
それによると園部寮は昭和22年9月に京都府の浮浪児孤児収容施設として園部町小桜町に開設し、はじめは20人、最後は約40人の子どもたちが生活していた。
京都府から委託を受けた丹波教会の牧師が運営し、多くの学生ボランティアが手伝っていたという。
園部寮は昭和26年に後の桃山学園に統合されている。

当館の資料・デジタル画像検索システム「京の記憶アーカイブ」内のコンテンツ、「京都府百年の年表」(②)で園部学園を検索すると、昭和22年9月1日に開設されたことが記述されている。

②の典拠資料として『京都社会福祉事業名鑑』(③)があがっている(この資料は個人情報等の記載があるため、閲覧等に申請が必要で、学術研究上特に必要な場合のみ利用できます)。
③のp.193に園部寮の所在地、職員数、建物・敷地面積などが掲載されている。

「京都府公報」(④)で施設が開設された昭和22年9月前後を1月分ほど確認したが、関連する記述は見つからなかった。

以下の⑤⑥は行政資料。
「昭25-209「「会計検査復命書」園部学園」」(⑤)は学園が府に提出した資料で、その中の事業概要には、戦災孤児保護方針・学園運営方針・被収容者の範囲・学園時間割等が記載されている。
「昭24-0081「園部寮改造工事その他」」(⑥)はトイレの改修工事等の記録(図面あり)。
回答プロセス
(Answering process)
京都の歴史地誌コーナーで園部町、南丹市の資料をブラウジングし①を見つけた。
「京都府百年の年表」(②)で園部学園を検索し、典拠資料から③を見つけた。
「京都府公報」(④)を調べた。
行政資料担当に相談。①で府が運営補助金を交付していたとの記述があったことから、検査時の資料があると考え、資料⑤を見つけた。
ほか、「京の記憶アーカイブ」でキーワード「園部寮」「園部学園」を検索して見つかった行政資料⑥も出納した。
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
社会福祉  (369)
参考資料
(Reference materials)
① 南丹市立文化博物館,南丹市日吉町郷土資料館編.戦争と南丹市:世代をこえて、伝えるメッセージ.南丹市立文化博物館,南丹市日吉町郷土資料館,2012. (当館請求記号:K34-1||216.206||N48||)
② 京の記憶アーカイブ「京都府百年の年表」
③ 京都社会福祉審議会編.京都社会福祉事業名鑑 昭和26年版.京都社会福祉審議会,1951. (当館請求記号:MK0||369.05||Ky6||:学術研究図書)
④ 「京都府公報」 (当館請求記号:MK0||318.562||Ky6||)
⑤ 行政文書「園部学園」 (簿冊番号:昭25-0209,簿冊名:会計検査復命書,昭和25年度,件名番号013,データID:0000517727)
⑥ 行政文書「園部寮改造工事その他」 (簿冊番号:昭24-0081,簿冊名:洛北寮ほか増改築,昭和24年度,件名番号:006,データID:0000511413)
キーワード
(Keywords)
園部寮
園部学園
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
事実調査
内容種別
(Type of subject)
郷土
質問者区分
(Category of questioner)
社会人
登録番号
(Registration number)
1000259801解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!