このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000255016
提供館
(Library)
公益財団法人矯正協会矯正図書館 (4200007)管理番号
(Control number)
2018-040
事例作成日
(Creation date)
2018年11月18日登録日時
(Registration date)
2019年04月15日 11時07分更新日時
(Last update)
2019年04月17日 09時59分
質問
(Question)
戦時下,ある島(外地?)で少年受刑者が不発弾処理に動員され,犠牲になったという話を刑務官だった祖父や矯正医官だった伯父から聞いたことがあり,関心があって調べている。関連した資料はあるか。
回答
(Answer)
質問事項そのものについての記述はなかったが,小笠原で感化教育を行っていたという事実と土壌がわかった。
下記参考資料を紹介。
石井論文のp29に,昭和19年ごろの様子について3行ほど記述がある。
回答プロセス
(Answering process)
「ある島」は小笠原諸島であり,小笠原には古くから感化院があった(府立小笠原修斉学園:明治44~大正13年,小笠原姉島家庭塾:昭和12~14年)ことから,関係論文に当たった。

・石井良則「岡崎喜一郎と小笠原姉島家庭塾」『小笠原研究年報』第33号,2010年
・『戦時行刑実録』:記述なし
・重松一義「伊豆小笠原諸島行刑沿革史(三)」『刑政』第86巻第4号,1975年
 p56以下に小笠原の戦中期に関する記述はあるが,質問に関連した記述はなかった。
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
司法.訴訟手続法  (327 9版)
日本史  (210 9版)
参考資料
(Reference materials)
石井良則. 岡崎喜一郎と小笠原姉島家庭塾. 首都大学東京, 2010. 小笠原研究年報 33 p. 27-49, ISSN 0387―9844
https://tokyo-metro-u.repo.nii.ac.jp/?action=pages_view_main&active_action=repository_view_main_item_detail&item_id=2428&item_no=1&page_id=30&block_id=155  (当館請求記号 369.47-I-33615, 当館資料番号 000033615)
矯正協会 編. 戦時行刑実録. 矯正協会, 1966. (当館請求記号 326.502-Kyo-402, 当館資料番号 000000402)
重松一義. 伊豆小笠原諸島行刑沿革史(3). 矯正協会, 1975. 刑政 第86巻第4号 p. 55-61, ISSN 0287-4628 (当館請求記号 C326.5, 当館資料番号 J00023928)
キーワード
(Keywords)
小笠原諸島
少年受刑者
戦時行刑
感化院
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
文献紹介 事実調査
内容種別
(Type of subject)
郷土
質問者区分
(Category of questioner)
登録番号
(Registration number)
1000255016解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!