このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000254653
提供館
(Library)
山梨県立図書館 (2110005)管理番号
(Control number)
9000023012
事例作成日
(Creation date)
2017年11月21日登録日時
(Registration date)
2019年04月07日 15時52分更新日時
(Last update)
2019年04月07日 16時27分
質問
(Question)
山梨県内にある廃校舎の一覧と、廃校後の活用状況を知りたい。
回答
(Answer)
・山梨日日新聞記事、2017年1月13日付け21面に「公立廃校2年で997校 山梨は14少子化、統合進む」の記事があり、文部科学省による2014年度に廃校になった学校の調査結果が掲載されている。
・山梨日日新聞記事、2016年1月22日~8月1日週1回の掲載で「廃校再校 学びやは今」が連載されていた。山梨県内各地の「廃校の今」を紹介している。
・文部科学省のホームページに廃校状況が紹介されている。
「廃校施設等活用状況実態調査」最新の調査結果(平成29年1月発表の平成28年5月1日現在)
県別の廃校数がある。(一覧はなし)
http://www.mext.go.jp/b_menu/houdou/29/01/1381024.htm
「~未来につなごう~「みんなの廃校」プロジェクト」地方公共団体の希望に基づき、各地方公共団体において活用方法や利用者を募集している未活用の廃校施設等の情報を集約、一覧にしている。
http://www.mext.go.jp/a_menu/shotou/zyosei/1296809.htm
回答プロセス
(Answering process)
1.山梨日日新聞データベース検索→
「公立廃校2年で997校 山梨は14少子化、統合進む」の見出し記事あり。
文部科学省による2014年度に廃校になった学校の調査結果(2017年1月13日付け21面)
連載記事「廃校再校 学びやは今」(2016年1月22日~8月1日)週1回掲載あり。山梨県内各地の「廃校の今」を紹介。

2.インターネット情報を検索→
文部科学省ホームページで廃校の状況が確認できた。
・「廃校施設等活用状況実態調査」最新の調査結果(平成29年1月発表の平成28年5月1日現在)県別の廃校数。学校名の一覧はなし。
http://www.mext.go.jp/b_menu/houdou/29/01/1381024.htm
・「~未来につなごう~「みんなの廃校」プロジェクト」地方公共団体の希望に基づき。各地方公共団体において活用方法や利用者を募集している未活用の廃校施設等の情報を集約、一覧にしている。
http://www.mext.go.jp/a_menu/shotou/zyosei/1296809.htm
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
幼児.初等.中等教育  (376 9版)
参考資料
(Reference materials)
「廃校施設等活用状況実態調査」(平成29年1月発表の平成28年5月1日現在).
http://www.mext.go.jp/b_menu/houdou/29/01/1381024.htm
「~未来につなごう~「みんなの廃校」プロジェクト」.
http://www.mext.go.jp/a_menu/shotou/zyosei/1296809.htm
キーワード
(Keywords)
廃校
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
・「山梨日日新聞」2017年1月13日付け21面「公立廃校2年で997校 山梨は14少子化、統合進む」の記事。文部科学省による2014年度に廃校になった学校の調査結果。
・「山梨日日新聞」2016年1月22日~8月1日週1回の掲載で連載記事「廃校再校 学びやは今」。山梨県内各地の「廃校の今」を紹介。
調査種別
(Type of search)
事実調査
内容種別
(Type of subject)
郷土
質問者区分
(Category of questioner)
社会人
登録番号
(Registration number)
1000254653解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!