このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000253086
提供館
(Library)
埼玉県立久喜図書館 (2110009)管理番号
(Control number)
埼熊-2018-113
事例作成日
(Creation date)
2016年08月18日登録日時
(Registration date)
2019年03月15日 13時36分更新日時
(Last update)
2019年06月11日 10時26分
質問
(Question)
「立志式」について、いつ始まったのか、どこで、どんな手順で行うかなどの概要が知りたい。
回答
(Answer)
以下の資料を紹介した。

『童話文学と人生』(浜田広介著 集英社 1969) 
 p116-119「十四歳立春式に思う」
 目的、提唱の反応などについて記述あり。
 p116「日本児童文芸家協会が、「十四歳立春式」という耳あたらしいよびかけをして、それに賛同する側とタイアップ、初回の式を東京都内にあげたのは一昨年のことであった(後略)-昭和四十一年二月「朝日新聞」」とあり。

『社団法人日本児童文芸家協会創立40周年記念誌 1955-1995』(日本児童文芸家協会創立40周年記念誌発行委員会編 日本児童文芸家協会 1995)
 p43-45「十四歳 立春式」
 式提唱の趣旨からその目標・時期・式の形式について記載あり。また、新宿伊勢丹デパートで開催した協会主催の中央式典第1回(昭和39年2月)-第5回(昭和43年2月)の内容と中央式典が第8回(昭和46年2月)まで開催されたとの記述あり。中央式典を終了した理由として「各地方、各校独自の進展に期待して、」とあり。
 
『児童文芸五十年のあゆみ 創立五十周年記念誌 1995-2005』(日本児童文芸家協会創立五十周年記念誌刊行特別委員会編 日本児童文芸家協会創立五十周年記念誌刊行特別委員会 2005)
 p109-111「十四歳 立春式」
 上記『創立40周年記念誌』と同一の記述あり。

『行事運営事典 学校・学年・学級』(桑原利夫〔ほか〕編 改訂 ぎょうせい 1998)
 p82-83 立志式実施案あり。ねらい、日時、会場図等あり。
回答プロセス
(Answering process)
1 自館目録を〈学校行事 & 行事〉で検索する。

2 《Google ブックス》( http://books.google.co.jp/  Google)を〈立志式 & 起源〉で検索する。
『隼人族の生活と文化』(隼人文化研究会編 雄山閣出版 1993)
 p501「現在の鹿児島のライフ・サイクルの少年期を考える場合に、欠かせないのが「立志式」の慣習である。」とあり、鹿児島での立志式(立春式ともいう。)について目的、形式や起源について説明あり。

3 《Google ブックス》( http://books.google.co.jp/  Google)を〈立志式 & 日本文芸家協会〉で検索する。

ウェブサイト・データベースの最終アクセス日は2016年8月18日。
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
学校経営.管理.学校保健  (374 9版)
参考資料
(Reference materials)
『童話文学と人生』(浜田広介著 集英社 1969)
『社団法人日本児童文芸家協会創立40周年記念誌  1955~1995』(日本児童文芸家協会創立40周年記念誌発行委員会編 日本児童文芸家協会 1995)
『児童文芸五十年のあゆみ 創立五十周年記念誌 1995~2005』(日本児童文芸家協会創立五十周年記念誌刊行特別委員会編 日本児童文芸家協会創立五十周年記念誌刊行特別委員会 2005)
『行事運営事典 学校・学年・学級』(桑原利夫〔ほか〕編 改訂 ぎょうせい 1998), ISBN 4-324-05320-0
キーワード
(Keywords)
立志式
学校行事
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
事実調査
内容種別
(Type of subject)
教育
質問者区分
(Category of questioner)
個人
登録番号
(Registration number)
1000253086解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!