このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000252140
提供館
(Library)
宮城県図書館 (2110032)管理番号
(Control number)
MYG-REF-180114
事例作成日
(Creation date)
2017/02/14登録日時
(Registration date)
2019年02月25日 00時30分更新日時
(Last update)
2019年02月25日 00時30分
質問
(Question)
アッバース朝(ハールーン・アッラシードの時代)の文化で当時の生活が分かるような資料はないか。
回答
(Answer)
以下の資料を御紹介します。※【 】内は当館請求記号です。

資料1 『世界美術大全集 第17巻』小学館, 1999【708/セカ97Z/17タ】
pp.21-52「第1章 ウマイヤ朝,アッバース朝と諸王朝」の項
pp.357-362「作品解説」の項
彫刻,木彫,レンガ装飾,タイル,陶器,絵画,書,金属工芸,織物についてそれぞれ記載があります。

資料2 本田榮二『インテリアの歴史』秀和システム, 2011【529.02/11Z】
pp.118-132「3章 ビザンツとイスラーム」項中の「2 イスラーム文化の特徴」の項
「(前略)ウマイヤ朝とアッバース朝はさまざまな面で対照的です。衣服に関しても同様で、中国の唐では、白を好んだウマイヤ朝を白衣大食、黒を好んだアッバース朝を黒衣大食と呼んでいました。(後略)」

資料3 桝屋友子『すぐわかるイスラームの美術』東京美術, 2009【702.09/マト09X】
p.125「第三章 工芸 ガラス器」の項
「(前略)蔓草文に施された斑点装飾はアッバース様式を示す。(劃花植物文盤 西アジア 9世紀 アッバース朝(後略))」
「膨らんだ胴、指宛てのある把手、口縁部を尖らせて作った注ぎ口は、西アジアの水差しに特徴的な器形。(中略)白瑠璃瓶 西アジア 9世紀 アッバース朝(後略)」
回答プロセス
(Answering process)
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
芸術史.美術史  (702 9版)
参考資料
(Reference materials)
キーワード
(Keywords)
イスラム美術
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
文献紹介
内容種別
(Type of subject)
その他
質問者区分
(Category of questioner)
図書館
登録番号
(Registration number)
1000252140解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!