このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000251689
提供館
(Library)
佐賀市立図書館 (2310080)管理番号
(Control number)
20121018-1
事例作成日
(Creation date)
2012年10月18日登録日時
(Registration date)
2019年02月13日 19時33分更新日時
(Last update)
2019年02月13日 19時33分
質問
(Question)
「椎の葉にご飯を盛った云々」という和歌があったような気がするが、誰が詠んだのか?どんな経緯で詠まれたのか。
回答
(Answer)
詠み人は有間皇子で、句は「家にあれば 笥に盛る飯を 草枕 旅にしあれば 椎の葉に盛る」で、『万葉集と古代史』p8-20万葉集の巻の2に載っています。
皇位を狙う従兄の中大兄皇子の謀略により、舒明天皇に対する謀反の嫌疑で捕えられ、護送される途中に詠んだとされる和歌です。
回答プロセス
(Answering process)
「椎の葉に関する和歌」と聞いて、すぐに有間皇子が思い出された。そこでフルテキストで有間皇子を検索し、東与賀館所蔵の資料を見つけ提供。
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
日本史  (210)
詩歌  (911)
参考資料
(Reference materials)
『万葉集と古代史』直木 孝次郎/著 吉川弘文館 2000.6 4-642-05494-4
キーワード
(Keywords)
有間皇子(ありまのみこ:ありまのおうじ)
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
文献紹介
内容種別
(Type of subject)
質問者区分
(Category of questioner)
個人
登録番号
(Registration number)
1000251689解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!