このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000250031
提供館
(Library)
日本貿易振興機構アジア経済研究所図書館 (4110002)管理番号
(Control number)
REF-2018-00262
事例作成日
(Creation date)
2018/12/20登録日時
(Registration date)
2019年01月11日 00時30分更新日時
(Last update)
2019年01月11日 00時30分
質問
(Question)
①ベトナムの最低賃金を知りたい。JETROビジネス短信に掲載されているが、その根拠はどのように調べたら良いか。
②ベトナムの建設コストを知りたい。
回答
(Answer)
①ベトナム最低賃金の根拠

■ 2018年最低賃金に関する政令141号(141/2017/ND-CP)
ベトナム官報ウェブサイト(ベトナム語)にて公表されています。
http://congbao.chinhphu.vn/noi-dung-van-ban-so-141-2017-nd-cp-25224

※JETROビジネス短信(以下)の金額と一致。
「1月からの最低賃金が正式決定」(2017年12月26日)
https://www.jetro.go.jp/biznews/2017/12/ffda27719aab6d74.html

また、2019年最低賃金についても、以下で公表されているようです。
■ 2019年最低賃金に関する政令157号(157/2018/ND-CP)
ベトナム政府ポータルサイト(ベトナム語)
以下でダウンロードできる文書のđiều 3に記載あり。
http://vanban.chinhphu.vn/portal/page/portal/chinhphu/hethongvanban?class_id=1&mode=detail&document_id=195540

※官報ウェブサイトには未掲載(2018/12/17現在)

②ベトナムの建設コスト

政府統計等からは、有益な情報を得られませんでした。

二次情報ですが、以下の論考が参考になるかと思います。
■ 岩松準(2016)「インドネシアとベトナムにおける建設のコスト情報について(特集:東南アジアの建設事情に関する調査)」『建築コスト研究』第94号。
(P.37 建築単価、材工単価、材料単価、労務単価の国際比較)
以下でダウンロード可能。
https://www.ribc.or.jp/info/book/No94.html

上記の岩松(2016)にて参照されている『スポンのアジア太平洋建設コストハンドブック第5版』は、当館では所蔵しておりません。
ご参考まで、国立国会図書館では所蔵されておりました。

■ Spon's Asia Pacific construction costs handbook Fifth edition(CRC Press, Taylor & Francis Group, [2015])
https://ndlonline.ndl.go.jp/#!/detail/R300000001-I026293716-00
回答プロセス
(Answering process)
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC 
参考資料
(Reference materials)
キーワード
(Keywords)
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
文献紹介
内容種別
(Type of subject)
質問者区分
(Category of questioner)
登録番号
(Registration number)
1000250031解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!