このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000250030
提供館
(Library)
日本貿易振興機構アジア経済研究所図書館 (4110002)管理番号
(Control number)
REF-2018-00252
事例作成日
(Creation date)
2018/12/12登録日時
(Registration date)
2019年01月11日 00時30分更新日時
(Last update)
2019年01月11日 00時30分
質問
(Question)
1、「なでしこ隊」についての資料
フィリピン在留邦人の民間人の婦女子の方(タイピストや慰安婦など)が補助看護婦として徴用されてできた隊。
太平洋戦争終戦間際に招集された、ということがわかっています。
「なでしこ隊」はあくまで自称のため、「挺身隊」や「補助看護婦」の方がヒットするかもしれません。
そのため、「挺身隊」や「補助看護婦」でも調べていただきたいです。
「従軍看護婦」の方の手記にもたまに記述があるため、看護婦の方の資料も調べていただきたいです。

2、山の中へ子どもを連れて避難した母親についての資料
地域はルソン島でお願いします。
回答
(Answer)
当館では以下のようなものが参考になるかと思います。
<>内は当館の請求記号です。
・看護婦たちの南方戦線 : 帝国の落日を背負って
大谷渡著. -- 東方出版, 2011. <AHPH/327.5/K1>
・戦争に巻き込まれた北部呂宋の在留邦人たち
[小寺章][編]. -- [小寺章], 2000. <AHPH/327.5/S1>
・元『慰安婦』の証言 : 五〇年の沈黙をやぶって
アジア・フォーラム編. -- 皓星社, 1997. -- (皓星社ブックレット 5)<AA/396.1/M1>
・フィリピンの日本軍「慰安婦」 : 性的暴力の被害者たち
フィリピン「従軍慰安婦」補償請求裁判弁護団編. -- 明石書店, 1995. <Ja/396/Fu1001>
・日本のフィリピン占領 : インタビュー記録日本のフィリピン占領期に関する史料調査フォーラム[編]. -- 龍溪書舎, 1994. -- (南方軍政関係史料 15). <Ja/355/Ni1003>

他にも当館OPACで「件名=フィリピン」かつ「件名=太平洋戦争」で検索しますと上記を含めて42件ヒットします。

中にはご参考になりそうなものが多々ありますのでご覧ください。

洋書については、
「件名=Philippines」かつ「件名=World War」かつ「件名=Japan」で検索しますと、42件ヒットします。

特に以下は参考になるかと思います。
・Comfort woman : a Filipina's story of prostitution and slavery under the Japanese military
Maria Rosa Henson. -- Rowman & Littlefield Publishers, 1999. <AHPH/396/C1>
回答プロセス
(Answering process)
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC 
参考資料
(Reference materials)
キーワード
(Keywords)
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
文献紹介
内容種別
(Type of subject)
質問者区分
(Category of questioner)
登録番号
(Registration number)
1000250030解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!