このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000247719
提供館
(Library)
佐賀市立図書館 (2310080)管理番号
(Control number)
20131112
事例作成日
(Creation date)
20131112登録日時
(Registration date)
2018年12月09日 00時30分更新日時
(Last update)
2018年12月09日 00時30分
質問
(Question)
昭和20年代の電話機の種類と通話料金を知りたい。
回答
(Answer)
昭和20年代の電話機は3号卓上電話機というダイヤル式の黒電話でした。通話料金は昭和21年で市内1度数20銭、27年には70円になった。公衆電話は市内は掛け放題で昭和21年で20銭、28年から加入区域内10円になった。
(参考文献・掲載箇所と内容)
『通信の百科事典 1998』p462 電話機の変遷記載あり
『物価の文化史事典 2008』P309 電話料金の変遷表あり
『総合百科事典ポプラディア 7 2011』p207 当時の電話機の写真あり
回答プロセス
(Answering process)
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
電気通信事業  (694)
参考資料
(Reference materials)
『通信の百科事典 通信・放送・郵便のすべて』丸善 1998.7
『物価の文化史事典 明治 大正 昭和 平成』展望社 2008.7
『総合百科事典ポプラディア 7』ポプラ社 2011.1
キーワード
(Keywords)
電信電話
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
事実調査
内容種別
(Type of subject)
質問者区分
(Category of questioner)
個人
登録番号
(Registration number)
1000247719解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!